野山・旅で出会った可憐な草花と趣味の自己流寄せ植え盆栽などを紹介しています。
by hitori-shizuka
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
山野草

寄せ植え

リンク
タグ
(363)
(162)
(97)
(96)
(74)
(30)
(20)
(11)
(10)
(7)
(4)
(1)
以前の記事
2018年 04月
2018年 03月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
検索
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
タグ:草花 ( 363 ) タグの人気記事
アセビ、ツバキ、ジンチョウゲ、ヒメリュウキンカの小品盆栽と質素な雛飾り
 我家の小品盆栽にも春が感じられるようになりました。
ヒメリュウキンカ(キンポウゲ科)
d0160788_17354792.jpg
 直径6センチ位の丸鉢に鮮やかな黄色の花を咲かせてくれました。
この花は植えたのではなくこぼれ種が育って自然に生えたものですが小さくて可愛いので育てています。
それにしても強い植物のようです。
横に使い捨てのライターを置いて比較してみましたよ。
アセビ(ツツジ科)
d0160788_17424346.jpg
 数年前に園芸店で買った赤花アセビを取木したものです。
9×7センチの鉢で小品盆栽に仕立て中のものですが花姿や花色が可愛いですね。
ツバキ(ツバキ科)
d0160788_17434711.jpg
 5年前に今の鉢に植えかえたままですが、今年も8個の蕾を付けてくれました。
d0160788_17441072.jpg
この花は2花目の花です。
木の姿はほとんど変わりませんが今年は花が少し小振りになったように思います。
ジンチョウゲ(ジンチョウゲ科)
d0160788_17443484.jpg
 昨年植替えもしませんでしたが今年は枝先に12か所蕾を付けてくれました。
咲き始めると上品な香りが辺り一面に漂い春の訪れをしらせてくれます。
雛飾り
 我家には息子ばかりで雛飾りには縁が無かったのですが、妻はこの時期になると毎年のように小さな雛飾りを出して飾ってます。
狭い部屋なのにいたる所に飾って楽しんでますよ。
d0160788_17480214.jpg
d0160788_17484042.jpg
d0160788_17490274.jpg
d0160788_17494105.jpg

by hitori-shizuka | 2018-03-03 19:02 | 山野草
フユノハナワラビ、ヤマガラと瀬戸大橋

今季初めて五色台を散策しました。

この時季山野草はヤブコウジとフユノハナワラビだけでしたが、木々の芽吹きはもうはじまってました。 

ヤブコウジ(ヤブコウジ科)
d0160788_13152732.jpg

 
フユノハナワラビ(ハナヤスリ科)
d0160788_13151625.jpg
裸木には人懐こいヤマガラ数頭が止まりながらさえずり、餌をねだっているようだったのでたまたま持っていたクラッカーを砕いて置いたところ代わる代わるクラッカーを食べに来ました。
裸木はヤシャブのようですがもう花芽を伸ばしはじめています。
ヤマガラ
d0160788_13131891.jpg
d0160788_13144447.jpg
d0160788_13143038.jpg
 白峰寺付近では西方に瀬戸大橋が見渡せられます。この日雲も多かったのですが対岸の岡山県まで良く見通せる天気だったので海岸線沿いの道を高松方面に向けて帰りました。
d0160788_13154641.jpg
左から坂出市番の州、南・北備讃瀬戸大橋、与島橋、斜張橋の岩黒島橋、櫃石島橋と右端が下津井瀬戸大橋で岡山県倉敷市です。
d0160788_13183734.jpg
途中昼食は海岸線沿いで大型船舶の行き来を見ながら美味しくいただきました。
d0160788_13210985.jpg
d0160788_19180479.jpg
 自動車運搬船(あつた丸)
全長167メートル 幅30.2メートル2012年1月竣工したフジトランス
コーポレーションの船舶で乗用車846台、トレーラー150台積荷できるそうです。
d0160788_13212557.jpg
 タンカー(UNIQUEFIDELITY)~油脂製品専用タンカー
全長183メートル 幅32メートル 船籍 中国香港
d0160788_13195705.jpg
上空では優雅にパラグライダーが飛んでました。
d0160788_13180873.jpg
写真には3機ですが、この日は天候や風も良かったのかパラグライダーもたくさん飛んでました。


by hitori-shizuka | 2018-01-08 22:05 | 山野草
小品盆栽
 我家の部屋に秋を飾ってみました。
上から反時計回りにシンパク、マユミ、ツワブキ、ニシキギ、イヌビワ、ズミです。
d0160788_1956599.jpg

シンパク(ヒノキ科)
 盆栽展では立派なものが見られますが、一昨年ボール球のような木を1,500円で買ったのを剪定したものでまだまだ形が出来てないのでこれからが楽しみです。
マユミ(ニシキギ科)
 小さな鉢でも育てやすいですね。
ツワブキ(キク科)
 地植えにすれば草丈が30センチ位になりますが内径5~6センチの小さな鉢でも立派な花を付けてくれましたよ。
ニシキギ(ニシキギ科)
 ニシキギ科の木は紅葉の葉が綺麗です。
中でもニシキギは紅葉の他、若枝の翼も見応えがあります。
イヌビワ(クワ科)
 イチジクの様な小さな実を付け実の変化や葉の黄葉も楽しみです。
ズミ(バラ科)
 リンゴのような白い花ですが蕾の時は薄いピンク色の花を付けます。
赤い実も可愛いですよ。
d0160788_19481819.jpg

 内径3センチ位から5~6センチの鉢に植えたツワブキ
d0160788_1949745.jpg
d0160788_1950920.jpg
d0160788_19494220.jpg

ご訪問ありがとうございます。
励みになるので下の「山野草ブログ」をクリックして頂けたら嬉しいです。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村
by hitori-shizuka | 2017-11-23 21:59 | 山野草
サワヒヨドリと判明
 前回、大串半島のサワフジバカマと載せた花の確認に昨日(10月1日)行ってきました。
ところが、群生していた花の場所や広場付近の雑草が刈り取られ、丸坊主になっていました。
アサギマダラの飛来に気付かないのか全く興味が無いんでしょうね。
去年、私が見た時には10数頭確認できたのに残念。
そこで花の種類の確認は、海岸線沿いにもまばらに同じ花が有ったのでその花で確認することにしました。
確認の結果、紅紫色の花や茎の色、さらには葉に柄が無く披針形で対生し、なかには葉に不揃いな鋸葉や3深裂した葉も認められるなど図鑑等で確認するとサワヒヨドリと確認出来ました。
大串自然公園展望広場
 島々や海が見渡せる広場では3組のカップルが景色を見ながら和んでいまいた。
d0160788_20414369.jpg

 展望広場から花が咲いていた広場を見ると、綺麗に草刈りして花の姿は無くなってました。
d0160788_20422839.jpg

 写真の中央で丸くなった形の松の木の下付近がサワヒヨドリの花が群生していた場所です。
d0160788_20564334.jpg

 1週間前にはこの状態でした。
d0160788_20575334.jpg
d0160788_21291035.jpg

海岸道路沿いの花
 広場で確認した花の葉に比べ葉幅が細いのは栄養状態の違いでしょうかね。
d0160788_20482773.jpg

d0160788_20564932.jpg

d0160788_20511669.jpg
d0160788_20504267.jpg

ご訪問ありがとうございます。
励みになるので下の「山野草ブログ」をクリックして頂けたら嬉しいです。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村
by hitori-shizuka | 2017-10-02 22:19 | 山野草
サワフジバカマ、ツルボ、アキカラマツとウラナミシジミ
 京都のブロ友記事でアサギマダラの南下が確認されたことで我が地方でもと思い9月23日にサワフジバカマが咲く庵治半島や大串自然公園をまわってみました。
大串自然公園の花はまだ蕾状態でチョウの姿も確認出来ませんでしたよ。
さらに、昨年花が有った庵治半島も回ってみたのですが今年は沿道の草刈りの影響か数本しか蕾が確認されずガッカリでした。
今日は日中28℃と気温も高かったことから蕾が開いていることでしょうね。
d0160788_1844698.jpg
d0160788_185748.jpg
d0160788_1852892.jpg

ツルボ(キジカクシ科)
 日当りのいい畦道や野原等で良く見られますね。
以前、群生た花を見たことがありますがピンクの絨毯のようで見事でした。
ススキの葉の中からちらほらと咲いてる花もいいですね。
d0160788_188043.jpg

アキカラマツ(キンポウゲ科)
 他のカラマツソウの花に比べ、花が地味です。
d0160788_1882085.jpg

メドハギ(マメ科)
 道沿いの法面でよく見られる花です。
d0160788_18103181.jpg

イヌザンショウ(ミカン科)
 サンショウは葉に触れると香りがありますが、このサンショウは香りも悪く果実の辛みもほとんど無いようです。
d0160788_18105452.jpg

ウラナミシジミ
 アサギマダラの姿は確認出来ませんでしたがウラナミシジミがムクゲや萩の花で確認出来ました。
d0160788_18144668.jpg
d0160788_1815553.jpg

ご訪問ありがとうございます。
励みになるので下の「山野草ブログ」をクリックして頂けたら嬉しいです。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村
by hitori-shizuka | 2017-09-26 20:24 | 山野草
ゲンノショウコ、ダイコンソウ、クルマバナと我家の花
ゲンノショウコ(フウロソウ科)
 この時季、野山でよく見られますが可憐な花ですよね。
d0160788_20141428.jpg
d0160788_20161640.jpg

ダイコンソウ(バラ科)
 薄暗い湿った林の中で黄色の花が一段と輝いていました。
d0160788_20171616.jpg

クルマバナ(シソ科)
 我家近くの平地ではほとんど見られませんが野山ではまだまだ見かけます。
d0160788_20174759.jpg

我家の花
タイワンホトトギス(ユリ科)
 数種類のホトトギスを植えていますが一番最初に咲き出すのがタイワンホトトギスです。
d0160788_20215780.jpg

スイレンボク(シナノキ科)
 挿し木で簡単に増やすことが出来ます。
一日花ですが綺麗な花を次から次へと咲かせます。
難点は寒さに弱いので冬場は霜の当たらない場所に移動しなければなりません。
d0160788_20224278.jpg

ギボウシ(ユリ科)
 鉢植えで育てていたものを植木鉢から取り出し、根荒い状態で数年育てていますが毎年花をつけてくれます。
強い植物ですね。
この植物は葉芸も多く沢山種類がありますね。
我家でも数種類を小さな鉢で育てています。
d0160788_20255252.jpg
d0160788_20342130.jpgd0160788_2034432.jpg
d0160788_20262961.jpg

           昨日、今日と2日続きで屋島上空が綺麗な夕焼け空でした。

ご訪問ありがとうございます。
励みになるので下の「山野草ブログ」をクリックして頂けたら嬉しいです。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村
by hitori-shizuka | 2017-09-14 22:39 | 山野草
センニンソウ、ボタンヅル、ヤブギリ?
センニンソウ(キンポウゲ科)
 この時季、野山の至る所で木々を覆うようにセンニンソウやボタンヅルの白い花が咲いていますね。
花弁状の萼片の先端が尖りすっきりした花姿です。
d0160788_22373185.jpg
d0160788_22425559.jpg

 センニンソウとボタンヅルが混生していると直ぐに区別がつきますね。
d0160788_2325680.jpg

ボタンヅル(キンポウゲ科)
d0160788_2333078.jpg
d0160788_22474084.jpg

 下2枚の写真は周りの葉にボタンの葉のような切れ込みの葉が見られずセンニンソウの葉だったので、撮る時はセンニンソウと思ってました。
花弁状の萼片の先端が丸みをおびている花の状態からボタンヅルでしょうね。
d0160788_22443821.jpg

 同上
d0160788_22455052.jpg

ヤブギリ?(キリギリス科)
 キリギリスの仲間も多いんですね。
今まですべてキリギリスとしか見てませんでした。
d0160788_22481011.jpg
d0160788_19491381.jpg

ご訪問ありがとうございます。
励みになるので下の「山野草ブログ」をクリックして頂けたら嬉しいです。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村
by hitori-shizuka | 2017-09-05 22:08 | 山野草
ナンバンギセル、クコ、ヒメリンゴ他
ナンバンギセル(ハマウツボ科)
 ヤハズススキに寄生させたのですが今年は猛暑でススキの下葉が枯れて折角の斑入りの葉とナンバンギセルの花とが離れ離れになってしまいました。
d0160788_21121134.jpg
d0160788_21124937.jpg

 草丈が10センチ前後と小さく、草丈の低いヤクシマススキに似合いますね。
このナンバンギセルは数年前にヤクシマススキを買ったなかに自然発生したものです。
なんだか得したような気持ちになりました。
d0160788_21135754.jpg

クコ(ナス科)
 ナス科特有の花ですが小さいいですが可愛い花です。
私が子供の頃、薬草となるクコがブームとなり畑などの一角でよく見られてました。
最近は民家で見かけなくなりましたが、野山や河川の日当たりのいい法面等で時々見かけます。
鳥が食べたクコの実が成長したのでしょうかね。
d0160788_21162613.jpg
d0160788_21165134.jpg

ブットレア(ゴマノハグサ科)
 チョウが集まることからバタフライブッシュとも言われています。
我家はアゲハ、ツマグロヒョウモンなど数種類のチョウの訪問がありました。
最近は主にイチモンジセセリチョウが毎日の様に吸蜜しています。
d0160788_21172946.jpg

イチモンジセセリ(セセリチョウ科)
d0160788_21183224.jpg

ヒメリンゴ(バラ科)
 去年、取り木用に買ったものですが沢山の実が生り摘果するのが忍び難く、そのままで観賞しています。
d0160788_21192358.jpg

ご訪問ありがとうございます。
励みになるので下の「山野草ブログ」をクリックして頂けたら嬉しいです。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村
by hitori-shizuka | 2017-08-26 22:44 | 山野草
黒沢湿原のサギソウ
 7月30日久しぶりに黒沢湿原にサギソウなど山野草を見に行ってみました。
サギソウ(ラン科)
 シラサギが飛んでいるような花姿に感心します。
本当に花の名前をうまくつけていますね。
d0160788_2281448.jpg

 蕾が沢山見られますのでまだ咲き始めでした。
もう少し遅かったらもっと沢山の花が見れたでしょうね。
d0160788_2284863.jpg
d0160788_2294127.jpg

ヒルムシロ(ヒルムシロ科)
 変わったな名ですね。
葉をヒルの居所にたとえた名だそうです。
d0160788_22104854.jpg

 ヒルムシロの花初めて気付きました。
花も小さく少し離れた場所で周りも明るく焦点が甘かったですね。
手動でピントを合わせばよかったのにと反省です。
d0160788_2211863.jpg

ヒメヤブラン(ユリ科)
 日当りのいい苔上に沢山咲いてました。
d0160788_22135337.jpg

アキノタムラソウ(シソ科)
 シソ科特有の唇形花で薄紫の優しい花を沢山咲かせますね。
田んぼの畔や山あいの道筋などで沢山見られる花です。
d0160788_2215366.jpg
d0160788_22152377.jpg

ハンカイソウ(キク科)
 残念ながら花の盛りは終わったようです。
辛うじて1花だけ残ってました。
d0160788_22161256.jpg

ノギラン(ユリ科)
 今回はこの花だけしか見られなかったので少し早かったのでしょうか。
それとももう終わった後だったのでしょうかね。
d0160788_22163724.jpg

タチカモメヅル(ガガイモ科)
 この花はもう少し後のようです。
こげ茶の小さな蕾が付いていました。
d0160788_2217578.jpg

ご訪問ありがとうございます。
励みになるので下の「山野草ブログ」をクリックして頂けたら嬉しいです。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村
by hitori-shizuka | 2017-08-04 14:52 | 山野草
一面のヒマワリと子牛の団地?久しぶりの山内うどん
 7月16日まんのう町の林内にある山内うどん店に行ってきました。
随分昔ですがこのうどん店近くの斜面の畑一面にヒマワリが咲いていたのを思い出し付近を散策してみました。
以前咲いていた斜面は牧草地になっていたのですが、その農道を登ってみると見渡す限りのヒマワリ畑でした。
一面のヒマワリに感動です。
d0160788_1241826.jpg
d0160788_12402797.jpg
d0160788_12444562.jpg
d0160788_1245338.jpg
d0160788_1245274.jpg

子牛の団地? 
 ヒマワリ畑の道筋には牛舎があって、その牛舎の一角に箱型のプラステック製小屋が並んでその一部の小屋内には子牛が入ってました。
独立した子牛用牛舎でした。
初めて見る子牛の文化住宅?です。
何らかのメリットがあるんでしょうね。
d0160788_12534519.jpg
d0160788_12542320.jpg
d0160788_12544980.jpg

 久しぶりに訪れた山内うどん店です。
この日、10:30分頃に立寄ったのですがすでに店外で40名程が並んでいました。
自分ひとりだと並ぶのはいやなので諦めるのですが家内は初めてだったので並んで待つことにしましたよ。
当日は連休日で福井、佐賀、愛媛、岡山、徳島等の県外車両も数多く見られました。
結局、うどんに有り付けたのは40分位後でした。
メニューのかけうどんの種類は
   あつあつ~熱い麺に熱いダシ
   ひやあつ~冷たい麺に熱いダシ
   ひやひや~冷たい麺に冷たいダシ
3種類あります。
注文は麺が冷たくてだしが温かいかけうどん大(ひやあつ)にセルフのゲソの天ぷらと妻はひやあつ小にゲソ天で二人で760円でした。
「うどんがきたら写真を撮ろうね」と話していたのですがうどんを受け取った時はすっかり忘れていました。
気が付いた時は半分食べてしまっていたのでやめましたよ。(^▽^;)
              食事後、店外にはまだ40名程並んでいました。
d0160788_1257250.jpg
d0160788_12572466.jpg

 並んで待っている途中、うどんタクシー(コトバスタクシー)に乗ったお客さんも来てました。
待ち時間(利用金態勢)はどうなるのでしょうね。
d0160788_1258650.jpg

ご訪問ありがとうございます。
励みになるので下の「山野草ブログ」をクリックして頂けたら嬉しいです。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村
by hitori-shizuka | 2017-07-20 20:47 | 山野草