野山・旅で出会った可憐な草花と趣味の自己流寄せ植え盆栽などを紹介しています。
by hitori-shizuka
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
山野草

寄せ植え

リンク
タグ
(343)
(144)
(92)
(91)
(67)
(27)
(19)
(10)
(9)
(6)
(4)
(1)
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
最新のコメント
ちごゆり嘉子さん いつ..
by hitori-shizuka at 22:10
来週の礼拝は 長尾教会な..
by ちごゆり嘉子 at 10:18
今朝も応援に来ました 晴..
by ちごゆり嘉子 at 07:53
mubeさん 昨年冬か..
by hitori-shizuka at 23:18
セリバオーレンが山で観ら..
by mube at 11:30
uke-enさん 暖地..
by hitori-shizuka at 22:27
アイアイさん セリバオ..
by hitori-shizuka at 22:19
ちごゆり嘉子さん アケ..
by hitori-shizuka at 22:14
サクランボでは珍しく暖地..
by uke-en at 21:17
セリバオーレン、可憐な花..
by アイアイ at 19:29
検索
記事ランキング
ブログジャンル
<   2014年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧
身近な小鳥たち
 自宅近くのため池の堤にツルメモドキの実が沢山生っていました。
d0160788_20124635.jpg

 「あっ鳥の串柿だ!」
正月飾りの串柿の様に「いつもニコニコ仲むつまじく」だと感じ急いで撮ったのですが・・・
中が一羽足りなかったみたいですね。
ヒドリガモ
d0160788_20132211.jpg

 去年まで砂防ダムの一角が小鳥の水飲み場となっていた場所に久々に行ってみました。
防災の見地からダム内に溜まっていた土砂や立木が除かれ殺風景になってましたが、以前のように沢山の小鳥の姿は見られませんでしたが数種類の小鳥が確認されましたよ。
モズ
d0160788_2013495.jpg

シロハラ
d0160788_20141336.jpg

ホオジロ
d0160788_20143657.jpg

ジョウビタキ
d0160788_2015256.jpg

メジロ
d0160788_2015317.jpg

 民家の田んぼの一角にある柿の木に沢山のムクドリが食事中でした。
20羽近くの中に1羽だけツグミ(左上)がいます。
しかし、ヒヨドリの鳴き声と同時にヒヨドリが現れるとムクドリは一斉に飛び立ってしまいましたよ。
ちなみに我家の千両の実、沢山の実をつけてくれたので正月の生け花に使おうと楽しみにしていたのですが今日ヒヨドリの姿を見て慌てて追い払ったのですが間に合わずほとんど食べられてしまいました (ノ_-。) 
d0160788_20164554.jpg

ご訪問ありがとうございます。
励みになるので下の「山野草ブログ」クリックして頂けたら嬉しいです。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村
by hitori-shizuka | 2014-12-19 21:20 | 山野草 | Comments(14)
大和ミュージアムと我家のモミジ
 ホームセンターの斡旋で低料金で広島県呉市にある大和ミュージアムと酒造工場見学に行ってきました。
酒造工場は残念ながら日曜日で工場が稼働してなくて製造工程は見学出来ずビデオ鑑賞と土産購入だけになってしまいちょっと残念でしたよ。

大和ミュージアム
 大和ミュージアム館長のあいさつ文中に「戦艦大和を中心とした展示でありながらも、じっくりと見ていくことによって技術の素晴らしさと同時に多くの悲劇を生む要素を持っていたことが伝わってきます。」
戦争の悲惨さや平和の大切さをひしひしと感じました。
 ↓  10分の1(全長26.3メートル)の戦艦大和
d0160788_18302066.jpg

d0160788_18323645.jpg
d0160788_1859237.jpg
d0160788_18593454.jpg

人間魚雷「回天」
d0160788_1975579.jpg

零式艦上戦闘機  特殊潜航艇「海流」  
d0160788_18595570.jpg

戦艦陸奥のスクリュー
d0160788_190558.jpg

海上自衛隊呉史料館(てつのくじら館)
 10年前まで実際に使われていた潜水艦(あきしお)だそうです。
全長76.2メートル、幅9.9メートル、深さ10.2メートルの艦内に乗員75名の潜水艦で
艦内の見学も出来ましたが狭くて息苦しい感じがしましたよ。
d0160788_1914721.jpg

 本当にくじらの様な姿ですね。
d0160788_1951060.jpg

 大和波止場では戦艦「大和」の前甲板の左半分を実寸大で表現した岸壁がありました。
d0160788_206105.jpg
d0160788_2081594.jpg

戦艦大和の前甲板左半分を表現した岸壁(公園)です。
d0160788_2085744.jpg

 我家のモミジも終焉間近です。
影の悪戯で親子モミジみたいですね。
d0160788_1918598.jpg

 前の葉の影が手前のモミジ色に染まって見えます。
(黄色の大きい葉が手前のモミジ、小さく濃いのが奥側の影のモミジの葉)
離れているのにくっついて見え親子モミジに見えます。
カメラを通すと意外な発見で面白いですね。
d0160788_191036100.jpg

家の近くではもう水仙の花が咲いていました。
d0160788_1911915.jpg

ご訪問ありがとうございます。
励みになるので下の「山野草ブログ」クリックして頂けたら嬉しいです。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村
by hitori-shizuka | 2014-12-10 18:28 | 山野草 | Comments(8)
ヤッコソウ、大浜海岸
  若い頃、高知県の岬の近くの寺の境内に「ヤッコソウ」という寄生植物が育っていると聞き興味を持ったのですがそのままになっていました。
昨年ブログで徳島でも見られると知ったのですが、時季が少し遅いかなと思ったのですが急遽思い立って探しに出かけました。
それは、JR海部駅の近くの妙見山に自生していましたね。
有名なんでしょうね。私たちの他にも数人の見物客が来られていましたよ。
d0160788_21565434.jpg

d0160788_20483022.jpg
d0160788_20494459.jpg


椎の木の根元に1cm位のヤッコソウが沢山顔を覗かせていましたよ。
d0160788_21371887.jpg

小学生が昭和9年に椎の実を拾いに来て見つけたらしいですね。
この地区がヤッコソウの北限として昭和29年に天然記念物に指定されたそうです。
ちょっと痛んでますね。 しかし、手を挙げた奴さんに見えます。
d0160788_21413389.jpg
d0160788_21443953.jpg
d0160788_21454796.jpg
d0160788_2146742.jpg

帰る途中ウミガメ産卵で有名な大浜海岸に立ち寄りました。
d0160788_21195288.jpg

ウミガメ博物館横には大きなウミガメの電話ボックスもありましたよ。
d0160788_21203636.jpg

ゴミ一つない綺麗な砂浜に透き通った海がとても印象的でした。
d0160788_2234842.jpg
d0160788_22153644.jpg
d0160788_2219121.jpg

 カナリーヤシの木肌に付着した植物の種子が育ちヒトツバや黄色い花を咲かせていました。
花色や蕾が垂れ下がった姿から遠目ヤクシソウではないかと思い近づいて見るとヤクシソウとは葉の姿が違っていましたよ。
初めて見るアゼトウナの花でした。
d0160788_21111063.jpg

アゼトウナ(キク科)
 この花は伊豆から九州にかけて太平洋岸の岩場に生える多年草だそうです。
この花は海岸沿いの砂浜や石垣の間から花を咲かせていましたよ。
ハマヒルガオの葉の間に見られる先端が丸く鋸歯のある厚葉がアゼトウナです。
同じように太平洋沿いの海岸で見られるというイワダレソウが見れたらいいなと思い立ち寄り、偶然出会ったものですよ。
d0160788_21132221.jpg

ハマボウフウ(セリ科)
 刺身のツマとして食べられていますよね。
d0160788_21155227.jpg

ハマゴウ(クマツヅラ科)
 紅葉していたので撮ってみました。
d0160788_21395246.jpg

コウボウムギ(カヤツリグサ科)
d0160788_21401368.jpg

アキグミ(ぐみ科)
 海浜植物でもないのに海岸の砂浜でも育っていましたよ。
子供の頃食べたことがありますが、食べると口の中に渋みがのこりますよね。
しかし、実はトマトの7〜17倍のリコペンを含んでいるそうですよ。
d0160788_21161847.jpg

道の駅の駐車場から望める日和佐城四国霊場薬王寺です。
d0160788_21215088.jpg
d0160788_21221555.jpg

ご訪問ありがとうございます。
励みになるので下の「山野草ブログ」クリックして頂けたら嬉しいです。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村
by hitori-shizuka | 2014-12-02 16:05 | 山野草 | Comments(14)