野山・旅で出会った可憐な草花と趣味の自己流寄せ植え盆栽などを紹介しています。
by hitori-shizuka
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
山野草

寄せ植え

リンク
タグ
(348)
(151)
(94)
(91)
(71)
(27)
(20)
(10)
(9)
(6)
(4)
(1)
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
最新のコメント
木にはい付いたウマノスズ..
by ちごゆり嘉子 at 10:34
失礼します。センブリのこ..
by assah at 18:39
ウマノスズクサ、盆栽でも..
by アイアイ at 13:18
uke-enさん 私の..
by hitori-shizuka at 20:13
mubeさん ルリタテ..
by hitori-shizuka at 19:22
鉢に植えたウマノスズクサ..
by uke-en at 13:03
ジャコウアゲハの孵化見て..
by mube at 08:50
アイアイさん 巣箱を出..
by hitori-shizuka at 00:16
uke-enさん 青虫..
by hitori-shizuka at 23:51
良かったですね。 巣箱..
by アイアイ at 22:05
検索
記事ランキング
ブログジャンル
カテゴリ:山野草( 370 )
ビナンカズラ、ゲンノショウコ、ソクズ、ヤブマメ等とダイミョウセセリ
ビナンカズラ(マツブサ科)
 雄花です。知らないときは花の中心が赤色(雄しべの集合体)をしているのが雌花と思っていました。
以前、ブログで雌花が黄緑色だと教えてもらい知りました。
花は1.5センチ位の小さな花ですが果実は大きくなりますね。
d0160788_2039092.jpg
d0160788_20392271.jpg

ヤブラン(キジカクシ科)
 山野の林に生える多年草、花は紫色の小さな花を沢山つけ庭などにも植えられていますね。
徳島の夏子ダム側から大滝山に抜ける山道沿いでは沢山のヤブランの花が見られました。
d0160788_20342983.jpg
d0160788_20345222.jpg

ゲンノショウコ(フウロソウ科)別名 ミコシグサ
 雑草の中で草丈の低い雑草に交じって沢山咲いていましたよ。
名前の由来は、民間薬の代表的な薬草で下痢など飲むと直ぐに効果が出ることから付いたようです。
d0160788_20353581.jpg
d0160788_203605.jpg
d0160788_20362497.jpg

ソクズ(スイカズラ科)別名 クサニワトコ
  本州、四国、九州等の山地に自生する薬草になる植物だそうです。
ニワトコに似ていることからクサニワトコとも言われています。
d0160788_20395834.jpg
d0160788_20402657.jpg

ヤブツルアズキ(マメ科)  
 つる性の1年草で葉の脇から花軸をのばし鮮やかな黄色の花を付けます。
竜骨弁はらせん状にねじれた変わった形をしていますよね。
このヤブツルアザキが改良されてアズキが作られたとも言われています。
d0160788_21541048.jpg

ヤブマメ(マメ科)
 小さな花だが紫色のグラデーションになった花は綺麗です。
d0160788_2092340.jpg

センニンソウ(キンポウゲ科)
 この時季、樹上や道端でよく見られますね。
十字の白い萼片の上部に沢山のシベを広げて咲く花、一つひとつは清楚な感じですが有毒植物なんだそうです。
同じキンポウゲ科のボタンヅルも白い花を咲かせますが葉や花の形が違います。
d0160788_19485171.jpg

ヤマハギ(マメ科)
 野山でもハギがたくさん咲き始めましたね。
ハギの蜜が好物なのでしょうか、吸蜜中のダイミョウセセリは翅に手が触れるまで飛び立ちませんでした。
相当美味しい蜜なんでしょうね。
d0160788_19494168.jpg

ダイミョウセセリ(セセリチョウ科)
d0160788_1953371.jpg

ご訪問ありがとうございます。
励みになるので下の「山野草ブログ」クリックして頂けたら嬉しいです。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村
by hitori-shizuka | 2016-09-08 12:09 | 山野草 | Comments(4)
クサアジサイ、オオキツネノカミソリ等とチョウやウリ坊
クサアジサイ(ユキノシタ科)
 湿り気のある薄暗い林内で見られる花です。
薄ピンクの花が薄暗い山道沿で華やかさを醸し出していましたよ。
d0160788_2335504.jpg

 薄暗い場所と花色が薄いピンクなので近づいて見ないと地味ですね。
d0160788_23352899.jpg

オオキツネノカミソリ(ヒガンバナ科)
 毎年見ていたのですが、今年は2本しか咲いてなく花後の姿もなかったですね。
行くのが少し早かったのか?それとも遅すぎたのかもしれませんね。
d0160788_23331495.jpg

オトコエシ(オミナエシ科)
 オミナエシ同様草丈は高くなる花なんですが・・・低かったです。
d0160788_23334213.jpg

クズ(マメ科)
 繁殖力が強く他の植物の上に覆いかぶさり嫌がられますが花はマメ科特有の形で綺麗ですね。
d0160788_2334472.jpg

ヤマシロギク(キク科)
 この時季、山沿いの道路斜面でよく見られます。
d0160788_23315092.jpg

d0160788_23322151.jpg

ツルニンジン(キキョウ科)
 草むらの中でフウセンカズラの実のような蕾を付けていました。
花が咲くのはまだ先のようです。
d0160788_23535913.jpg

ヒヨドリバナ(キク科)とアサギマダラ
 ヒヨドリバナで吸蜜中のアサギマダラに出会いました。
3頭見られましたがいずれも1頭ずつしか見当たらず、距離もそれぞれ離れた場所でしたよ。
d0160788_23391493.jpg
d0160788_2340052.jpg

コミスジ
 翅模様がよく似たのにミスジチョウ、ホシミスジがいますね。
山沿いを散策中何度か出会います。
d0160788_23403086.jpg

イノシシ
 自宅裏側の水路でウリ坊の姿を見かけました。
ウリ坊の期間は1年半位だそうですがこのウリ坊は体長50センチ位と小さいのですが顔付近の毛は大人のイノシシの顔になってますよね。
 1ヶ月前頃、薄暗くなったころ水路で見かけました。
人の気配を感じると一目散に逃げていたのですが、最近は大胆になったのかまだ明るい6時ごろ水路に現れています。
この水路は山やため池に溜まった水の用水路で生活用水は流れず食べ物は無いと思われます。
水路内の昆虫?等をあさっているようです。
今日はお隣さんが農地横の水路沿いの雑草を刈った後だったので、水路内で食べ物を探している様子でした。
もし、近くでカメラを向けると一目散に逃げたでしょうね。
d0160788_2017983.jpg

d0160788_20172447.jpg

ご訪問ありがとうございます。
励みになるので下の「山野草ブログ」クリックして頂けたら嬉しいです。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村
by hitori-shizuka | 2016-08-30 22:07 | 山野草 | Comments(6)
ミソハギ、ボタンヅル、イシガケチョウ
ミソハギ(ミソハギ科)
 山間部の道筋で湿った草地に紫色の花が群生しているのに出会いました。
何の花だろうと近づいて見ると草丈50センチ位のミソハギの群生でした。
我家近くではもう終わりに近づいている花ですが山間部では今花の盛りで綺麗でしたよ。
d0160788_21203299.jpg
d0160788_21194735.jpg
d0160788_21205454.jpg

ツリガネニンジン(キキヨウ科)
 薄水色の花が陽に照らされ、一段と輝いて綺麗でした。
d0160788_21251860.jpg

ボタンヅル(キンポウゲ科)
 群生して咲いている花の近くではなんとも品のあるいい香りがしていました。
今まで何度も花を撮っていますが離れた場所から撮ったりしていたのでいい香りの主がボタンヅルとは知りませんでしたよ。
d0160788_2123666.jpg

イシガケチョウ(タテハチョウ科)
 ボタンヅルを撮っている時、翅に線状模様のチョウが飛んできました。
南方系のチョウですが温暖化の影響で国内を北上し、年々分布域を広げているチョウの一つだそうです。
紀伊半島以南、四国、九州には確実に土着しているチョウだそうです。
アゲハチョウのように数多くは見られませんが山間部では私も毎年姿を見かけるようになりましたね。
d0160788_21233696.jpg
d0160788_19421545.jpg

ノアザミにモンキチョウ
 チョウの翅に光が当たり内側の表翅の模様がシルエット状に綺麗に映ってました。
d0160788_21584877.jpg

ご訪問ありがとうございます。
励みになるので下の「山野草ブログ」クリックして頂けたら嬉しいです。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村
by hitori-shizuka | 2016-08-25 20:37 | 山野草 | Comments(8)
ナンバンギセル、ヒオウギ、ノボタンetc
ナンバンギセル(ハマウツボ科)
 我家のナンバンギセルは白い茎と赤茎のものがあります。
白茎のナンバンギセルは花弁の先端が開いているものの赤い茎の花は花弁は先端が半開き状態のままで終わります。
d0160788_9575767.jpg

 なんだか馬の顔のようにも感じられる花姿をしています。
d0160788_20191046.jpg
d0160788_20322571.jpg

ギボウシ(ユリ科)
 使わなくなった陶器のお皿上でもう何年も育てています。
しかし、毎年沢山の花を付けてくれます。
d0160788_20193318.jpg

d0160788_223724.jpg

ヒオウギ(アヤメ科)
 一日花なんですが一輪挿しに似合う花ですね。
d0160788_20195224.jpg
d0160788_954911.jpg

ノボタン(ノボタン科)
 毎日うだるような暑さが続きますが、この花の濃い紫色は落着きのある花色ですね。
この花も一日花ですが、毎日次から次へと花を咲かせてくれるのがいいですね。
d0160788_9544876.jpg
d0160788_9561857.jpg

タイワンホトトギス(ユリ科)
このホトトギスも花が見られるようになり、植物はもう秋を察知していますね。
d0160788_9565225.jpg
d0160788_9572211.jpg

ご訪問ありがとうございます。
励みになるので下の「山野草ブログ」クリックして頂けたら嬉しいです。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村
by hitori-shizuka | 2016-08-20 11:12 | 山野草 | Comments(8)
我家の盆栽(サルスベリ、エノキ)
サルスベリ(ミソハギ科)
 近年花色も多彩になっていますが従来のピンク色の花も可愛いですよね。
小さな鉢(直径10センチ×高さ8センチ)で樹も細いのですが、昨年に続き沢山花を付け楽しませてくれます。
普通なら下枝を除くのですがサルスベリはどんどん新芽が伸び、6月に切ってもその後伸びた枝先に蕾を付けてくれます。
d0160788_911612.jpg
d0160788_9131231.jpg

エノキ(ニレ科)
 盆栽クラブで貰った樹です。
枝数が少なかったのを枝の芽摘みを繰り返し大木に見立てたいのですがまだまだ間延びした枝が多く、さらに芽摘みが必要でしょうね。鉢(10×7×h4㎝)
d0160788_9143184.jpg
d0160788_914534.jpg

ご訪問ありがとうございます。
励みになるので下の「山野草ブログ」クリックして頂けたら嬉しいです。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村
by hitori-shizuka | 2016-08-11 10:25 | 山野草 | Comments(10)
ため池の花園
ホテイアオイ(ミズアオイ科)
 南アメリカ原産で、水色が入った綺麗な花ですが繁殖力が旺盛な水生植物です。
あっという間に水面を覆い尽くし冬場の枯れ草や、水の流れを滞らせたり色々と悪影響も出て問題となっている植物で「青い悪魔」とも呼ばれているそうですね。
このため池でも昨年はあまり目立たなかったそうですが今年はため池全体を覆いつくしていました。
本当にすごい繁殖力ですね。
d0160788_13552995.jpg
d0160788_1327659.jpg

 ため池一面を覆いつくして花を咲かせていました。
d0160788_13242959.jpg
d0160788_1324598.jpg
d0160788_13255262.jpg

ガガブタ(ミツガシワ科)
 香川県では純絶滅危惧種に指定されているそうです。
以前はやや富栄養化した溜池に普通に生息していたそうですが、農薬などの影響か一時は少なくなっていたようです。
また元に戻りつつあるのでしょうかね。
d0160788_13303094.jpg

 興味がなければ見過ごしてしまいそうな小さな花です。
d0160788_13392420.jpg
d0160788_13395939.jpg

ご訪問ありがとうございます。
励みになるので下の「山野草ブログ」クリックして頂けたら嬉しいです。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村
by hitori-shizuka | 2016-08-07 21:22 | 山野草 | Comments(8)
キツリフネ、キンミズヒキ、クサギ等
キツリフネ(ツリフネソウ科)
 山間部の谷あいの湿った半日陰地に群生していました。
そよ風に揺れる花姿に涼が感じられます。
日本各地で見られる花だそうですが、わが県ではあまり見られず3年前にこの場所で初めて出会いました。
d0160788_21515828.jpg
d0160788_21524674.jpg
d0160788_21531682.jpg

キンミズヒキ(バラ科)
 山沿いの道筋に一段と鮮やかな黄色の帯状の花を咲かせるので目に留まる花ですね。
d0160788_21551254.jpg

ダイコンソウ(バラ科)
 この花もキンミズヒキ同様、道沿いでよく見られますね。
d0160788_21553177.jpg

ノリウツギ(アジサイ科)
 もう終わりに近い花と思ってましたがこの場所ではまだ咲き始めのようで、装飾花がまだ見られません。
少し離れた場所では装飾花が見られましたので木々の性質や育っている場所の環境にもより花の時期がずれるのでしょうね。
d0160788_21571695.jpg
d0160788_12194321.jpg

クサギ(シソ科)
 確かに枝などを折ると独特な臭気がしますが花や実は魅力的ですね。
d0160788_21581054.jpg

 今回咲き始めを撮りましたが蕾も綺麗でしたよ。
d0160788_21583438.jpg

ご訪問ありがとうございます。
励みになるので下の「山野草ブログ」クリックして頂けたら嬉しいです。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村
by hitori-shizuka | 2016-07-31 21:02 | 山野草 | Comments(8)
レンゲショウマ、イワタバコ、スズカケソウ、カノコユリ
レンゲショウマ(キンポウゲ科)
 この花はこちらの地方では生えてない花です。
道の駅で買ったものですが毎年花を咲かせ楽しませてくれてます。
d0160788_20133448.jpg
d0160788_20164571.jpg

イワタバコ(イワタバコ科)
 木漏れ日がさす薄暗い湿った場所で群生して生えているのをよく見かけますね。
しかし、鮮やかな紫色のグラデーションの花は素敵ですよね。
d0160788_20413759.jpg

カノコユリ(ユリ科)
 園芸種なので自然のカノコユリとは違い花弁が細く色も鮮やかで可憐さがありませんが、鉢植えのまま放置状態でも毎年花をよく付けてくれます。
d0160788_20315447.jpg
d0160788_20225985.jpg

スズカケソウ(ゴマノハグサ科)
 数年前、山野草展で出会いました。
どんな花が咲くのか全く知らないまま名前の響きから綺麗な花をイメージして小さな鉢植えを買ったのですが、繁殖力が強くて茎はどんどん伸び小さな鉢ではおさまらないのでよく切り捨ててました。
ところが、徳島県では絶滅危惧種に指定されているそうで驚きましたよ。
d0160788_20242182.jpg
d0160788_2024472.jpg

ハナトラノオ(シソ科)
 花は可愛いですが毎年横根を伸ばし陣地を広げる繁殖力が強い宿根草ですね。
d0160788_20404764.jpg

d0160788_20352514.jpg

ご訪問ありがとうございます。
励みになるので下の「山野草ブログ」クリックして頂けたら嬉しいです。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村
by hitori-shizuka | 2016-07-26 20:19 | 山野草 | Comments(7)
コオニユリ、アキノタムラソウ等と蝶
久しぶりに五色台散策に出かけました。
早速、道路筋の斜面上からコオニユリの花が出迎えてくれましたよ。
斜面上からぶら下がった花が沢山見られラッキーでした。
コオニユリ(ユリ科)
d0160788_1949361.jpg
d0160788_19562135.jpg
d0160788_19564516.jpg

アキノタムラソウ(シソ科)
 アキノタムラソウと名前が付いていますが花は7月頃から11月頃まで咲いていますね。
名前の由来は秋に紫色の花を多数咲かせるためという説があるそうです。 
d0160788_1959367.jpg
d0160788_19584453.jpg

カラマツソウ(キンポウゲ科)
 花は花弁がなく雄しべが多数あり、散房状に咲かせる花がカラマツの葉に似ていることからついた名前のようですね。
d0160788_2002248.jpg

ウバユリ(ユリ科)
 花は薄暗い林内でよく見られるので、名前は何となくイメージが悪い感じがしますね。
名前の由来はウバユリの葉は茎の下部にあるのですが、花期にはその葉が枯れて無くなることから歯が無い姥にたとえられたそうですね。
d0160788_2053428.jpg

ダイミョウセセリ(セセリチョウ科)
 自宅付近では見られないのですが、雑木林のある林などでみられますね。
コオニユリの花で吸蜜したり花弁上で休んだりしていました。
d0160788_1954731.jpg
d0160788_20363478.jpg
d0160788_2037656.jpg

ヒメウラナミジャノメ(タテハチョウ科)
 よく見られるチョウらしいですが今回のように葉上にとまっているのを確認したことが無いので波目模様の小さなチョウだったので珍しいチョウかもと思い撮ってみましたよ。
夏型は体長も小さいのでしょうかね。
d0160788_1948283.jpg

ご訪問ありがとうございます。
励みになるので下の「山野草ブログ」クリックして頂けたら嬉しいです。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村
by hitori-shizuka | 2016-07-22 12:57 | 山野草 | Comments(6)
ハナハス、フウラン、グロリオサ、レンゲショウマ
ハナハス(ハス科)
 スイレン鉢で育てているんですが毎年3花位咲いてくれます。
大賀ハスのようなすっきりした花弁では無いですが咲いてくれたら嬉しいものですね。
d0160788_21212257.jpg
d0160788_21221863.jpg

グロリオサ(ユリ科)
炎天下にも負けない様な燃えるような赤い色が素敵です。
d0160788_21262141.jpg

レンゲショウマ(キンポウゲ科)
 雨模様で下からの花姿が撮れませんでしたが今年も数多くの蕾を付けてくれました。
d0160788_21284271.jpg

フウラン(ラン科)
 ヘゴや古木につけた自生のフウランは放置していても毎年沢山の花を付けてくれます。
しかし、フウラン鉢で育てているフウランはもう何年も植替えしてないのでミズゴケは黒づみやせ細った状態になって鉢植え姿は見苦しい状態です。
今年こそは植替えしょうと思ってます。
d0160788_21362377.jpg

春及殿
d0160788_21391996.jpg

御城覆輪
d0160788_21395845.jpg

天恵覆輪
d0160788_21403052.jpg

朱天王
d0160788_21405846.jpg

ネジバナ
d0160788_21442869.jpg

ご訪問ありがとうございます。
励みになるので下の「山野草ブログ」クリックして頂けたら嬉しいです。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村
by hitori-shizuka | 2016-07-14 20:43 | 山野草 | Comments(13)