野山・旅で出会った可憐な草花と趣味の自己流寄せ植え盆栽などを紹介しています。
by hitori-shizuka
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
山野草

寄せ植え

リンク
タグ
(358)
(156)
(95)
(94)
(72)
(27)
(20)
(11)
(9)
(7)
(4)
(1)
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
最新のコメント
こんばんは。今日もお願い..
by ちごゆり嘉子 at 21:58
ちごゆり嘉子さん スイ..
by hitori-shizuka at 20:58
アイアイさん ゲンノシ..
by hitori-shizuka at 20:51
uke-enさん ギボ..
by hitori-shizuka at 20:42
スイレンボクは知らないで..
by ちごゆり嘉子 at 21:09
ゲンノショウコをはじめ、..
by アイアイ at 19:18
ギボウシはすべて地植えで..
by uke-en at 09:37
ちごゆり嘉子さん キリ..
by hitori-shizuka at 22:53
アイアイさん ボタンヅ..
by hitori-shizuka at 22:51
ヤブキリは初めて知りまし..
by ちごゆり嘉子 at 06:57
検索
記事ランキング
ブログジャンル
カテゴリ:山野草( 384 )
ゲンノショウコ、ダイコンソウ、クルマバナと我家の花
ゲンノショウコ(フウロソウ科)
 この時季、野山でよく見られますが可憐な花ですよね。
d0160788_20141428.jpg
d0160788_20161640.jpg

ダイコンソウ(バラ科)
 薄暗い湿った林の中で黄色の花が一段と輝いていました。
d0160788_20171616.jpg

クルマバナ(シソ科)
 我家近くの平地ではほとんど見られませんが野山ではまだまだ見かけます。
d0160788_20174759.jpg

我家の花
タイワンホトトギス(ユリ科)
 数種類のホトトギスを植えていますが一番最初に咲き出すのがタイワンホトトギスです。
d0160788_20215780.jpg

スイレンボク(シナノキ科)
 挿し木で簡単に増やすことが出来ます。
一日花ですが綺麗な花を次から次へと咲かせます。
難点は寒さに弱いので冬場は霜の当たらない場所に移動しなければなりません。
d0160788_20224278.jpg

ギボウシ(ユリ科)
 鉢植えで育てていたものを植木鉢から取り出し、根荒い状態で数年育てていますが毎年花をつけてくれます。
強い植物ですね。
この植物は葉芸も多く沢山種類がありますね。
我家でも数種類を小さな鉢で育てています。
d0160788_20255252.jpg
d0160788_20342130.jpgd0160788_2034432.jpg
d0160788_20262961.jpg

           昨日、今日と2日続きで屋島上空が綺麗な夕焼け空でした。

ご訪問ありがとうございます。
励みになるので下の「山野草ブログ」をクリックして頂けたら嬉しいです。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村
by hitori-shizuka | 2017-09-14 22:39 | 山野草 | Comments(7)
センニンソウ、ボタンヅル、ヤブギリ?
センニンソウ(キンポウゲ科)
 この時季、野山の至る所で木々を覆うようにセンニンソウやボタンヅルの白い花が咲いていますね。
花弁状の萼片の先端が尖りすっきりした花姿です。
d0160788_22373185.jpg
d0160788_22425559.jpg

 センニンソウとボタンヅルが混生していると直ぐに区別がつきますね。
d0160788_2325680.jpg

ボタンヅル(キンポウゲ科)
d0160788_2333078.jpg
d0160788_22474084.jpg

 下2枚の写真は周りの葉にボタンの葉のような切れ込みの葉が見られずセンニンソウの葉だったので、撮る時はセンニンソウと思ってました。
花弁状の萼片の先端が丸みをおびている花の状態からボタンヅルでしょうね。
d0160788_22443821.jpg

 同上
d0160788_22455052.jpg

ヤブギリ?(キリギリス科)
 キリギリスの仲間も多いんですね。
今まですべてキリギリスとしか見てませんでした。
d0160788_22481011.jpg
d0160788_19491381.jpg

ご訪問ありがとうございます。
励みになるので下の「山野草ブログ」をクリックして頂けたら嬉しいです。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村
by hitori-shizuka | 2017-09-05 22:08 | 山野草 | Comments(8)
ナンバンギセル、クコ、ヒメリンゴ他
ナンバンギセル(ハマウツボ科)
 ヤハズススキに寄生させたのですが今年は猛暑でススキの下葉が枯れて折角の斑入りの葉とナンバンギセルの花とが離れ離れになってしまいました。
d0160788_21121134.jpg
d0160788_21124937.jpg

 草丈が10センチ前後と小さく、草丈の低いヤクシマススキに似合いますね。
このナンバンギセルは数年前にヤクシマススキを買ったなかに自然発生したものです。
なんだか得したような気持ちになりました。
d0160788_21135754.jpg

クコ(ナス科)
 ナス科特有の花ですが小さいいですが可愛い花です。
私が子供の頃、薬草となるクコがブームとなり畑などの一角でよく見られてました。
最近は民家で見かけなくなりましたが、野山や河川の日当たりのいい法面等で時々見かけます。
鳥が食べたクコの実が成長したのでしょうかね。
d0160788_21162613.jpg
d0160788_21165134.jpg

ブットレア(ゴマノハグサ科)
 チョウが集まることからバタフライブッシュとも言われています。
我家はアゲハ、ツマグロヒョウモンなど数種類のチョウの訪問がありました。
最近は主にイチモンジセセリチョウが毎日の様に吸蜜しています。
d0160788_21172946.jpg

イチモンジセセリ(セセリチョウ科)
d0160788_21183224.jpg

ヒメリンゴ(バラ科)
 去年、取り木用に買ったものですが沢山の実が生り摘果するのが忍び難く、そのままで観賞しています。
d0160788_21192358.jpg

ご訪問ありがとうございます。
励みになるので下の「山野草ブログ」をクリックして頂けたら嬉しいです。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村
by hitori-shizuka | 2017-08-26 22:44 | 山野草 | Comments(4)
久しぶりの阿波踊り
 8月12日昼頃、急遽息子夫婦から阿波踊りに誘われ、久しぶりでラッキーでした。
途中、有料演舞場の桟敷席を予約しようとコンビニで検索するも4カ所とも4人一緒に入れる席は皆無でした。
祭り初日だったので特に混雑したのでしょうかね。
午後2時過ぎでしたが両国橋近くに設けられた小学校の駐車場は既に満車で、両国橋から約1キロ位離れた富田小学校駐車場に車を止めました。
無料の両国本町演舞場の席が空いていたのそこで見物することに決定!
開演時間まで3時間余りをどうしようかと思いましたが、家族や他の見物客とおしゃべりしたりして過ごしました。
この場所は南北の通りで西側は建物の影でさらに爽やかな風が吹いていたのでなんとか待てましたよ。
演舞場の他、歩行者天国に設けられた路上の踊り広場等ではいろんな連が踊ったりして本当に賑やかで豪華な祭典でした。
いつ見ても思いますが多彩な踊りや三味線、笛、鉦、太鼓囃子には感動します!

 午後3時30分頃には道路西面側の席には観客の姿が見られるようになりました。
d0160788_23111989.jpg

 午後5時半頃、歩道側に人だかりができ始めました。
d0160788_23115782.jpg

 開演時は歩道いっぱいの人だかりになりました。
d0160788_20233245.jpg

d0160788_23133185.jpg
d0160788_2314382.jpg
d0160788_23143670.jpg
d0160788_2315669.jpg
d0160788_22401325.jpg
d0160788_22521938.jpg

d0160788_22415199.jpg
d0160788_22422949.jpg
d0160788_2243199.jpg
d0160788_22432833.jpg
d0160788_22435829.jpg
d0160788_22442897.jpg

 踊り広場や両国橋上等でも素晴らしいパフォーマンスが繰り広げられてました。
d0160788_23162410.jpg
d0160788_2316571.jpg
d0160788_23173755.jpg
d0160788_23182089.jpg
d0160788_2318532.jpg

 午後10時30分頃、紺屋町演舞場で最終を飾った娯茶平の連ですが残念ながら後ろ姿です。
d0160788_23203614.jpg

疲れたけれど思い出に残る楽しいひと時でした。
ご訪問ありがとうございます。
励みになるので下の「山野草ブログ」をクリックして頂けたら嬉しいです。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村
by hitori-shizuka | 2017-08-16 23:31 | 山野草 | Comments(9)
ツマグロヒョウモン、イシガケチョウ、アオスジアゲハ他
黒沢湿原で出会った蝶とトンボ

ツマグロヒョウモン♂(タテハチョウ科)
 翅のいたみがない綺麗でしたので羽化して間が無いチョウかもしてませんね。
d0160788_2220199.jpg

ジャノメチョウ?(ジャノメチョウ科)
 ジャノメチョウの仲間も多いので間違っているかもしれません。
d0160788_22204767.jpg
d0160788_2001094.jpg

イシガケチョウ(タテハチョウ科)
 温暖化の影響で国内では生育分布が徐々に北上しているチョウの一種だそうです。
今は紀伊半島以南に生息しているそうです。
私が住んでいる香川でも山間部では毎年よく見られるチョウになりました。
湿った路上で汲水中でしたがうまく撮れてません。
d0160788_22211235.jpg
d0160788_2051228.jpg

アオスジアゲハ(アゲハチョウ科)
 このチョウも湿った路面で汲水している様子でした。
イシガケチョウの場合は開翅状態ですがアオスジアゲハは翅を羽ばたきながら忙しそうな動きでした。
2頭とも十分撮れているものと思ってましたが帰宅後拡大してみると理像がボケていたのが少し残念でした。
d0160788_2222457.jpg

キイトトンボ(イトトンボ科)
 農薬散布の影響で一時姿が見られなかったですが、近年は我家近くでも昔のように見られるようになりましたよ。
d0160788_22231772.jpg

 この他、撮れてませんがヤンマー、シオカラ等数種類のトンボが見られましたよ。
d0160788_19524722.jpg
d0160788_20102526.jpg

ご訪問ありがとうございます。
励みになるので下の「山野草ブログ」をクリックして頂けたら嬉しいです。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村
by hitori-shizuka | 2017-08-11 20:56 | 山野草 | Comments(5)
黒沢湿原のサギソウ
 7月30日久しぶりに黒沢湿原にサギソウなど山野草を見に行ってみました。
サギソウ(ラン科)
 シラサギが飛んでいるような花姿に感心します。
本当に花の名前をうまくつけていますね。
d0160788_2281448.jpg

 蕾が沢山見られますのでまだ咲き始めでした。
もう少し遅かったらもっと沢山の花が見れたでしょうね。
d0160788_2284863.jpg
d0160788_2294127.jpg

ヒルムシロ(ヒルムシロ科)
 変わったな名ですね。
葉をヒルの居所にたとえた名だそうです。
d0160788_22104854.jpg

 ヒルムシロの花初めて気付きました。
花も小さく少し離れた場所で周りも明るく焦点が甘かったですね。
手動でピントを合わせばよかったのにと反省です。
d0160788_2211863.jpg

ヒメヤブラン(ユリ科)
 日当りのいい苔上に沢山咲いてました。
d0160788_22135337.jpg

アキノタムラソウ(シソ科)
 シソ科特有の唇形花で薄紫の優しい花を沢山咲かせますね。
田んぼの畔や山あいの道筋などで沢山見られる花です。
d0160788_2215366.jpg
d0160788_22152377.jpg

ハンカイソウ(キク科)
 残念ながら花の盛りは終わったようです。
辛うじて1花だけ残ってました。
d0160788_22161256.jpg

ノギラン(ユリ科)
 今回はこの花だけしか見られなかったので少し早かったのでしょうか。
それとももう終わった後だったのでしょうかね。
d0160788_22163724.jpg

タチカモメヅル(ガガイモ科)
 この花はもう少し後のようです。
こげ茶の小さな蕾が付いていました。
d0160788_2217578.jpg

ご訪問ありがとうございます。
励みになるので下の「山野草ブログ」をクリックして頂けたら嬉しいです。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村
by hitori-shizuka | 2017-08-04 14:52 | 山野草 | Comments(5)
フウラン
  いい香りのするフウランの花も終わりに近づいています。
長期間、植替えもせず放置状態でしたので、名札が無くなり品名不明や枯れたりしましたが強い品種が残ったようです。
今は種類も沢山増えてますね。
我家は数十年前に買ったもので古い品種ばかりですがフウランは香りの他、葉芸や軸・根の色合いにも違いがあって楽しめます。
湖東覆輪
 東出都の白覆輪が黄色の変化したものだそうです。
葉の先端が少し紅色になったりします。
d0160788_21385717.jpg

大波青海
 葉幅が広く下方に向かって湾曲し波型になる。
花は上向きの天咲で多花性だそうですがミズゴケを替えなかったのが影響したのでしょうか花数が少なかったですよ。
軸が紫紅色で根は青根です。
d0160788_21392932.jpg

琥珀
 出芽に淡い白の虎斑が出て綺麗な葉で青軸青根で花軸も薄緑で清潔感がありますね。
虎斑が後に暗むのが難点です。
d0160788_21404514.jpg

桃源・朱天王
 朱天王は先に載せましたが桃源の花が咲いたので比較してみました。
左の桃源の花は淡紫桃色で距も桃色でよく湾曲して綺麗です。
右は朱天王と思われます。
よく似た花の猩々(しょうじょう)も持っていたので猩々かも知れません。(朱天王・猩々とも高知原産で違いは葉の紺性が少し薄いのが朱天王だそうです)
d0160788_8435374.jpg

ご訪問ありがとうございます。
励みになるので下の「山野草ブログ」をクリックして頂けたら嬉しいです。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村
huurann
by hitori-shizuka | 2017-07-29 20:46 | 山野草 | Comments(10)
一面のヒマワリと子牛の団地?久しぶりの山内うどん
 7月16日まんのう町の林内にある山内うどん店に行ってきました。
随分昔ですがこのうどん店近くの斜面の畑一面にヒマワリが咲いていたのを思い出し付近を散策してみました。
以前咲いていた斜面は牧草地になっていたのですが、その農道を登ってみると見渡す限りのヒマワリ畑でした。
一面のヒマワリに感動です。
d0160788_1241826.jpg
d0160788_12402797.jpg
d0160788_12444562.jpg
d0160788_1245338.jpg
d0160788_1245274.jpg

子牛の団地? 
 ヒマワリ畑の道筋には牛舎があって、その牛舎の一角に箱型のプラステック製小屋が並んでその一部の小屋内には子牛が入ってました。
独立した子牛用牛舎でした。
初めて見る子牛の文化住宅?です。
何らかのメリットがあるんでしょうね。
d0160788_12534519.jpg
d0160788_12542320.jpg
d0160788_12544980.jpg

 久しぶりに訪れた山内うどん店です。
この日、10:30分頃に立寄ったのですがすでに店外で40名程が並んでいました。
自分ひとりだと並ぶのはいやなので諦めるのですが家内は初めてだったので並んで待つことにしましたよ。
当日は連休日で福井、佐賀、愛媛、岡山、徳島等の県外車両も数多く見られました。
結局、うどんに有り付けたのは40分位後でした。
メニューのかけうどんの種類は
   あつあつ~熱い麺に熱いダシ
   ひやあつ~冷たい麺に熱いダシ
   ひやひや~冷たい麺に冷たいダシ
3種類あります。
注文は麺が冷たくてだしが温かいかけうどん大(ひやあつ)にセルフのゲソの天ぷらと妻はひやあつ小にゲソ天で二人で760円でした。
「うどんがきたら写真を撮ろうね」と話していたのですがうどんを受け取った時はすっかり忘れていました。
気が付いた時は半分食べてしまっていたのでやめましたよ。(^▽^;)
              食事後、店外にはまだ40名程並んでいました。
d0160788_1257250.jpg
d0160788_12572466.jpg

 並んで待っている途中、うどんタクシー(コトバスタクシー)に乗ったお客さんも来てました。
待ち時間(利用金態勢)はどうなるのでしょうね。
d0160788_1258650.jpg

ご訪問ありがとうございます。
励みになるので下の「山野草ブログ」をクリックして頂けたら嬉しいです。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村
by hitori-shizuka | 2017-07-20 20:47 | 山野草 | Comments(9)
レンゲショウマとフウラン
レンゲショウマ(キンポウゲ科)
 この花は日本固有の一属一種の多年草で東北南部から近畿地方にかけて分布している花だそうです。
道の駅で買って5~6年位は経ってますが毎年花が咲き目を楽しませてくれます。
d0160788_2241420.jpg

フウラン
 一時は100鉢位持っていましたが植替えもせず放置状態だったので、枯れたり鉢内のミズゴケが痩せて鉢に挿していた名札(品名)が無くなり、葉や根等に特徴のない品種は品名が判らなくなってしまいました。
今年、久しぶりに植替えしましたがミズゴケが短くて綺麗に巻けませんでした。
朱天王(ラン科)
 葉だけの時は分かりにくいですが花茎や花が咲けば判ります。
d0160788_225512.jpg

玉金剛(ラン科)
 葉丈3センチ位で葉は肉厚で幅広く、根先は薄茶で花は天咲きの距が短い。
d0160788_226739.jpg

春及殿(ラン科)
 立葉で特徴がある八重咲の花を付けます。
d0160788_227329.jpg

天恵覆輪(ラン科)
 御城覆輪が黄色の覆輪に変化した品種、軸は少し染まるが青根です。
d0160788_2218984.jpg

針熨斗(ラン科)
 葉先が尖り針状になるやや立葉の特徴があります。
後に距が少し薄紫になる。
d0160788_22183664.jpg

西出都
 葉丈5センチ前後の姫葉で軸は紫紅色で根先は茶系色です。
この西出都から真鶴(紺覆輪)、玉錦(小型覆輪)、銀世界(立葉覆輪)等の変種が出る可能性がある事からブームの時は人気がありましたよ。
d0160788_22185154.jpg

ご訪問ありがとうございます。
励みになるので下の「山野草ブログ」をクリックして頂けたら嬉しいです。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村
by hitori-shizuka | 2017-07-14 23:01 | 山野草 | Comments(6)
ネジバナ、カセンソウ、カワラナデシコ、ブットレア
ネジバナ(ラン科)
 初めて出会った時は小さなピンクの花が螺旋状にさいているのが可愛く新鮮に思えました。
この花は強いんでしょうね。
今は綺麗に草刈りしている日当たりのよい斜面などでよく見かけけるようになりました。
d0160788_2045184.jpg

カセンソウ(キク科)
 野山散策していても余り見かけないように思います。
調べてみると数県では絶滅危惧種になってました。
いつまでも残って欲しいですね。 
d0160788_205864.jpg

カワラナデシコ(ナデシコ科)
 優しいピンク色の花穂が風に揺れる姿は風情がありますね。
d0160788_2052420.jpg

ブットレア(フウツギ科)
 2年前?に頂いた枝を挿して育てたものです。
当時、草丈3メートル位あるブットレアでこの濃い紫色の花は見たことがありませんでした。
そこで、花の手入れをしていた家人に写真を撮らせてもらったところ、挿し木で育つのでといい惜しげもなく太い枝を何本も頂いたものです。
昨年は出来た苗を友達にあげたり、我家も大小の鉢に2鉢育てていますが大きい鉢は草丈2メートル位になっています。
バタフライフラワーとも言われ蝶が吸蜜に来るようです。
我家でも、自宅近くで見かけたことが無かったアカタテハチョウや黒系アゲハが吸蜜していました。
d0160788_2062785.jpg

ブットレアの花で吸蜜中のアカタテハ
d0160788_2071771.jpg

ご訪問ありがとうございます。
励みになるので下の「山野草ブログ」をクリックして頂けたら嬉しいです。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村
by hitori-shizuka | 2017-07-04 21:48 | 山野草 | Comments(13)