野山・旅で出会った可憐な草花と趣味の自己流寄せ植え盆栽などを紹介しています。
by hitori-shizuka
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
山野草

寄せ植え

リンク
タグ
(348)
(151)
(94)
(91)
(71)
(27)
(20)
(10)
(9)
(6)
(4)
(1)
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
最新のコメント
uke-enさん 私の..
by hitori-shizuka at 20:13
mubeさん ルリタテ..
by hitori-shizuka at 19:22
鉢に植えたウマノスズクサ..
by uke-en at 13:03
ジャコウアゲハの孵化見て..
by mube at 08:50
アイアイさん 巣箱を出..
by hitori-shizuka at 00:16
uke-enさん 青虫..
by hitori-shizuka at 23:51
良かったですね。 巣箱..
by アイアイ at 22:05
ネクタイが細いようですか..
by uke-en at 22:25
mubeさん 剪定した..
by hitori-shizuka at 21:28
挿し木が成功するって嬉し..
by mube at 10:24
検索
記事ランキング
ブログジャンル
アサギマダラ、オシドリと最近見かけたチョウ等
 10月11、12日と自宅から近いさぬき市の大串半島や庵治半島に山野草の散策を兼ねてアサギマダラ探しに出かけました。
この日は、両日とも風が強くアサギマダラの飛翔姿は見込めないだろうと思いながらの散策でした。
案の定、大串半島ではフジバカマの咲いている所は風が吹き抜けの場所でアサギマダラの確認は無理だろうと思って早々その場を離れてしまいました。
ところが、私の過去のブログを見た人が偶然その日のコメント欄に大串半島のフジバカマでアサギマダラ1頭を確認したとのコメントを頂きました。
もっと探したらよかったですね。残念!
翌日は風よけが出来そうな庵治半島を周ってみました。
昨年出会ったところはまだフジバカマが蕾状態だったので少し違った中腹の山沿いを散策してみました。
いましたよ! 白いヒヨドリバナで一心に吸蜜しているアサギマダラが・・・
近づいても飛び立つ兆しが見られずラッキーでした。
近くでもう一頭確認できたのですがこのチョウは花にとまることなく舞い上がって居なくなってしまいました。

 五剣山の裏(北東)側から見える山姿は人が上向きに寝ている顔に見えませんか?
いつもそう思ってしまうのは私だけでしょうか。
d0160788_23161624.jpg

ツワブキ(キク科)
 海辺近くの山にはよく見られる花ですね。
我家ではまだ蕾ですが、ここではもう咲いてましたよ。
d0160788_232030.jpg

ヤマハッカ(シソ科) ツリガネニンジン(キキョウ科)
d0160788_232553.jpg

ヒヨドリバナ(キク科)
 今年初めてのアサギマダラです。
ヒヨドリバナは好物なんでしょうね。
d0160788_2363359.jpg
d0160788_2374291.jpg

オシドリ
 10月10日、来週施設で苔玉盆栽を教える予定なのですが、その材料の苔を準備するため以前山間の道路のアスファルト上で綺麗な苔を見つけていたのでちょっと遠いのですが苔を採りに出かけました。
その場所は毎年オシドリが見られるダムの近くだったので、オシドリが来るにはまだ時期が早いと思いながらダムまで行ってみました。
日中、オシドリが休んでいると思われる繁みを確認すると、私の気配を感じ飛び立たれダムの湖面中央に移動、さらにカメラを向けたのですが又、その場から飛び立ってしまいましたよ。
d0160788_23231274.jpg

 再び着水したと思われる付近に車を移動してみると9羽がゆったり泳いでいる姿が確認出来ましたよ。
オシドリは自動車(音)にはあまり反応しませんが、人の姿や声には素早く反応してすぐに逃げる敏感な鳥ですね。
この場所では車から静かに降りて写真1枚撮ったのですが、シャッター音や人影に気付かれたのかまたもや飛び立たれました。
幸い、1点のみ穏やかな雰囲気の写真が撮れたので良かったですが・・・
d0160788_23205087.jpg

飛び立ちました。
d0160788_2321109.jpg

遠方の湖面に着水です。遠すぎて写真になりませんね。
d0160788_23221437.jpg

ナツメ(クロウメモドキ科)
 帰路の途中、懐かしいナツメの実がなってました。
昔幾度か食べたことがあるのですがアオリンゴのような歯触りだったよう思いますが味はよく覚えていません。
道路に落ちていたすばった実を数個持ち帰って植えてみましたがどうなることやら・・・
d0160788_23475475.jpg

最近自宅や野山で出会ったチョウです。
 黒いアゲハやヒョウモン柄のタテハチョウの仲間は私の浅い知識では何度見ても判別が難しいいです。
チョウに詳しいブロ友に頼ってますよ。
クロアゲハ?
d0160788_2310013.jpg
d0160788_23102350.jpg

イチモンジセセリ
d0160788_23364475.jpg

ヤマトシジミ
d0160788_2337780.jpg

ヒメジャノメ?
d0160788_23372785.jpg

アオスジアゲハ
d0160788_2338948.jpg

ウラギンヒョウモン? ミドリヒョウモン  uke-enさんに教えて頂きました。
d0160788_23384637.jpg

ツマグロヒョウモン♂
d0160788_23455439.jpg

ツマグロヒョウモン♀
d0160788_23461378.jpg

テングチョウ
d0160788_23471614.jpg

ご訪問ありがとうございます。
励みになるので下の「山野草ブログ」クリックして頂けたら嬉しいです。
にほんブログ村 花・園芸ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村
by hitori-shizuka | 2015-10-14 20:30 | Comments(11)
Commented by uke-en at 2015-10-14 23:35 x
アサギマダラがフジバカマやヒヨドリバナを吸蜜するのは、含まれる
アルカロ*ドの1種を摂取し、性フェロ*ンを作って性標に匂いづけ
するためです。したがって、フジバカマやヒヨドリバナを訪れている
のはほとんどが♂で、♀はほかの花で吸蜜することが多いですね。

♂が性標にフェ*モンを塗りつける筆(へ*ペンシル)は腹端に格納さ
れていて通常は見えませんし、渡りの際は匂いづけをしないハズなの
で私も見たことはありません。
ブロ友さん(実際はその方のご主人)がの貴重な週間を今季撮影されて
います。チョウ先輩諸氏でも撮影された方はいらっしゃらないと思いま
すし、初めて拝見て感動しました。


ウラギンヒョウモン? だけは違っているようですね。
少し見難くはありますが、ミドリヒョウモン、性標が見えず前翅頂付近
に白(黄)三角らしきものがあるので♀のようです。

※ exblogの禁止ワードがあるようなので、それらしき言葉を一部伏
 せ字にしました。勝手な禁止ワードはやめて欲しいものです。
Commented by hitori-shizuka at 2015-10-15 20:22
uke-enさん
後ろ裏翅の黒い性標があるのが雄ということはuke-enさんから教えて頂いていましたが確かに
フジバカマやヒヨドリバナで見かけたのは黒い性標があるアサギマダラばかりでしたね。
ヒョウモン柄はよく似ていて一応調べるのですが中々分かりづらいのでいつも頼りにしてごめんなさい。
白色の三角らしき模様は気付いていたのですがスレもあってよく分からずミドリヒョウモンにはたどり着きませんでしたよ。
チョウも中々奥深いですね
> exblogの禁止ワードがあるようなので・・・
禁止ワードがあるとは全然知りませんでした。
このコメントでは別に問題ないように思うのですがね・・・
Commented by アイアイ at 2015-10-15 22:28 x
こんばんは
ツワブキが、今、鮮やかな黄色い花を咲かせていますね。
花の少なくなった今、目立っています。
ナツメは、食べたことはありますが、木になっているのははじめてみました。
子供の頃、給食で食べたのを思い出しました。
秋は、蝶ちょが多いですね。
私は、蝶ちょはよく解りませんが、お花に近づくと小さな蝶々が
よくとまっていますね。
今度から、注意してよく見てみますね。
Commented by hitori-shizuka at 2015-10-16 21:39
アイアイさん
ツワブキはこの時季は瀬戸内の海沿いの斜面では沢山咲いていて綺麗ですね。
鮮やかな黄色と濃い緑の葉色がとても似合ってますね。
我家のツクバイの横でも和の雰囲気をかもしだしてくれていますよ。
ナツメが給食に出てたんですね。
私は友人の家で一度だけ食べたことがあります。珍しかったので覚えてますよ。
チョウは私も花を散策して興味を持ちだしたのですが判別しにくいのが沢山あります。
ただ綺麗だなぁと思って撮ったりしているのですが小さなアサギマダラが約2,500 kmも渡りをするなんて夢が
ありますよね。
Commented by ちごゆり嘉子 at 2015-10-17 10:30 x
わたしが ヒヨドリバナで写したのが 雄でしたが・・・そういうう事であったんですね!
しりませんでした。
uke-enさん有難うございました。
 蝶を・・見せてもらいました htorisizukaさんに応援です。
Commented by mube at 2015-10-17 17:55 x
五剣山の山姿、本当に美人さんに見えます。
念願のアサギマダラにあえてよかったですね。
蝶々にも当たり前ですが雌雄がいるわけですよね。
蝶の名前もですが雌雄の区別までわかるなんて神業ですね。
雌雄なんて考えたこともありませんでしたよ~
ナツメの実、芽が出るといいですね。
Commented by hitori-shizuka at 2015-10-17 20:24
ちごゆり嘉子さん
フジバカマやヒヨドリバナはアサギマダラの雄というのは勉強に
なりましたね。
uke-enさんにチョウのことを色々教えてもらってますよ。

Commented by hitori-shizuka at 2015-10-17 20:50
mubeさん
五剣山はいろんな方向の姿がそれぞれ違うので面白いんですよ。
アサギマダラにはやっと今年会えましたよ。
mubeさんのように自宅に来てくれると最高なんですけれど・・・
フジバカマは増えすぎて抜いてしまい1メートル位しか咲いてないんですが来季からは
増やしたら来てくれるといいんですがね。
フジバカマが雄が好きとは私も考えた事もなかったですよ。
そう言えば裏翅に黒い性標がついて雄しか見たことが無かったですね。
ナツメの実、芽が出たとしても実が生るのはいつのことかわかりませんね。


Commented by ちごゆり嘉子  at 2015-10-19 08:42 x
きょうはいいお天気ですよね!
 どこかにお出かけしますか・・・ 二日間連続で さだまさしさん と ピアノコンサートで
出かけたので きょうは庭仕事を、少しするつもりです。
Commented by ちごゆり嘉子  at 2015-10-20 12:34 x
連続で・・いいお天気になっています きょう20日も応援ぽちしますね
Commented by hitori-shizuka at 2015-10-20 19:16
ちごゆり嘉子さん
さだまさしさんは歌もいいですがトークも面白いですよね。
私は2度コンサートに行ったことがあります。
車の中ではCDもよく聞いています。
<< センブリ、太鼓台と丸亀城 竜王山の山野草と瀬戸大橋の夕日 >>