野山・旅で出会った可憐な草花と趣味の自己流寄せ植え盆栽などを紹介しています。
by hitori-shizuka
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
山野草

寄せ植え

リンク
タグ
(360)
(157)
(96)
(94)
(72)
(29)
(20)
(11)
(10)
(7)
(4)
(1)
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
最新のコメント
アイアイさん 会員の出..
by hitori-shizuka at 20:12
mubeさん 年数が浅..
by hitori-shizuka at 20:05
uke-enさん 立派..
by hitori-shizuka at 19:59
素晴らしい盆栽、癒されま..
by アイアイ at 12:41
大樹を思わせるような立派..
by mube at 21:16
どれがhitori-sh..
by uke-en at 08:49
アイアイさん 大窪寺は..
by hitori-shizuka at 19:28
ちごゆり嘉子さん 大窪..
by hitori-shizuka at 19:19
uke-enさん 大窪..
by hitori-shizuka at 19:14
mubeさん 秋は紅葉..
by hitori-shizuka at 19:08
検索
記事ランキング
ブログジャンル
ケスハマソウを求めて
 讃岐富士(飯野山)と西讃の山に登ってきました。(3/16)

飯野山に自生しているケスハマソウに出会えました。
友人の東条さんの案内で自生地にたどり着けましたが、自分ひとりでは到底その場所にはたどり着けなかったでしょうね。
花色の違った可愛いケスハマソウが辺り一面に群生していて見ごたえがあり疲れも吹き飛んでいい気分になりましたよ。

ケスハマソウ(キンポウゲ科) 
 この花は花弁のように見える萼片の数に変異があり、ここでも6~9枚のものや茎葉も3枚と4枚がありました。
またシベの中心が赤いのもありましたよ。
d0160788_2021631.jpg
d0160788_19411859.jpg
d0160788_19473278.jpg

d0160788_20105637.jpg

 ケスハマソウの若葉には表面に顕著に柔らかい毛が見られました。
d0160788_20541481.jpg

d0160788_1943820.jpg

 茎葉は3枚が多いのですが  のは4枚ありましたよ。
d0160788_19453687.jpg

 シベの中心が紅色です。
私が気づいたのはこの場所にあった3花だけでしたが・・・・
d0160788_19421255.jpg
d0160788_2005512.jpg

d0160788_19465236.jpg
d0160788_1949232.jpg

 華やかな感じがしましたが、帰って気づいたのですが花弁(萼片)が9枚もありましたよ。
d0160788_19503788.jpg

 讃岐富士(飯野山)
 以前高速道路で撮った写真です。
飯野山は 標高421.9mのおむすびのような山(正面)で山頂からは讃岐平野や瀬戸内の島々の風景もよく家族連れで登山客も多いらしいですよ。
当日も多くの車が駐車場付近に止まっていました。
この日、私たちは別の山にも登る予定だったので展望台までは行きませんでした。
d0160788_2071647.jpg

ご訪問ありがとうございます。
励みになるので下の「山野草ブログ」クリックして頂けたら嬉しいです。
にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村
by hitori-shizuka | 2013-03-19 07:02 | 山野草 | Comments(19)
Commented by ちごゆり嘉子 at 2013-03-19 08:24 x
素晴らしいです。ヤブまで降ったのですね 凄い! さすがきれいだわ。
いきたいけど・・道路下でパチリして・・帰りますからね もったいないよね 歩けないのですよ(苦笑)
 もちろんポチです。
Commented by アイアイ at 2013-03-19 12:17 x
ケスハマソウ、はじめて聞き、見る花ですよ。
茎葉に守られて咲いている姿が何とも可憐でほほえましいですね。
ピンクと白が咲くんですね。四国にしか生息していないのでしょうか?。
見てみたいです。

讃岐富士、懐かしいです。
のぞかな風景ですね。帰りたくなりましたよ・・・・・。
ありがとうございました。
Commented by さな・花の庵 at 2013-03-19 17:37 x
こんにちは。

ケスハマソウですか、見たいものです。
こちらはミスミソウとオオミスミそうとスハマソウなので。
Commented by uke-en at 2013-03-19 17:40 x
ケスハマソウ?一名雪割草と言われるスハマソウなら知ってるの
ですが、調べると葉の表裏に毛があることだけの違いのようです
ね。近畿以西と四国にしかないそうですから、寒いのは嫌いなの
でしょうか。
我が家には、これも雪割草と称されるミスミソウがあったのですが、
いつのまにか消えてしまいました。^^;
Commented by hitori-shizuka at 2013-03-19 19:23
ちごゆり嘉子さん
私はこの場所は初めてですがご存知なのですね。
案内してくれた友人が詳しくて沢山自生している場所に難なくたどり着けました。
その場でゆっくり観察も出来て変わった花も見つけられました。
軽い気持ちで行ったのですが他の山も登ったのでちょっとバテてしまいましたよ。(^▽^;) 
Commented by hitori-shizuka at 2013-03-19 19:38
アイアイさん
本などでは四国には白色しかないと記されていたように思っていたのですが、友人からピンク色も咲いていると聞き連れて行ってもらいました。
私もよく判りませんが岡山、近畿などでもあるそうですよ。

讃岐富士の写真は裾野から見えるおむすびのような姿を撮りたかったのですが、先を急いでいたので高速からの写真で間に合わせましたよ。(*_ _)人ゴメンナサイ.
Commented by hitori-shizuka at 2013-03-19 19:45
さなさん
こんばんは。
飯野山にケスハマソウが自生しているということは聞いたことがあったのですが、場所がわかりませんでした。
知っている友人に誘われて行ってみましたが、急斜面の石の間などから沢山咲いていたのに感動しました。
今回登ってみて運動不足を痛感しましたよ。 (-。-;)

Commented by hitori-shizuka at 2013-03-19 20:05
uke-enさん
ケスハマソウ、スハマソウ、ミスミソウなどよく似ていてこんがらがります。
ケスハマソウ葉は葉の表面にも産毛みたいなのがあり、またミスミソウは葉の先端が少し尖った感じ位の認識しかないのであてになりませんが・・・・
一緒に同行してくれた(3人)中に年上の方もいたのですが登山をよくされている方ではつらつとされていてついてくのにやっとでした。
今回、体力の無さを痛感しましたよ。ヾ(_ _*)ハンセイ・・・

Commented by 荻野 at 2013-03-19 22:52 x
こんばんは、
自然に自生している花は、やっぱりいいですね。
それそれ、名前は違いますが、雪割草と言うことのようですね。
普通の雪割草は、我が家にも50株ぼどあって、いままさに、花の
真っ盛りです。
讃岐富士、なだらかそうですが、やっぱり、登るとなったら、きついんでょうね。
Commented by eisui at 2013-03-20 15:13 x
ケスハマソウ、可愛い御花ですね。
俯いて恥らいながら咲く姿が素敵❤❤❤
花色も蕊の色も様々有りますけれど
可憐な姿が]良いですねヽ(^。^)ノ

讃岐富士と青空も美しいです。
可憐な御花を見るには 山道を頑張らなくては
努力した御褒美に見れる御花ですね(^.^)/~~~
Commented by hitori-shizuka at 2013-03-20 19:12
荻野さん
自生している花姿は自然の美しさがあって感動しますね。
雪割草も花色などの変異があってそれぞれ違った花姿が興味深いですよね。
荻野さん宅では50株もの雪割草が咲いていて随分楽しめるでしょうね。
羨ましいですよ。
讃岐富士だけだったらまだ大丈夫だったのですが、他の山も続けて行ったので体力不足の私には少しきつかったですが・・・・
常日頃怠けている私だけでしょうね。
Commented by hitori-shizuka at 2013-03-20 19:26
eisuiさん
自然に生えるケスハマソウの群生は初めてだったので感動しました。
自宅に帰って花弁(萼片)が9枚もあるのに気づいたりしましたが、もう少し数多くの写真を撮っていればもっと変わったのも見れたかもと残念に思いました。
常日頃運動していないのでちょっと疲れましたがこの日は楽しい花探しになりましたよ。
これからはウォーキングして体力作りしたいのですが、根性がないのでまだ実行できていません。(^▽^;) 

Commented by ▼▼▼愉快な仙人▼▼▼ at 2013-03-21 09:38 x
初めまして!
Grassmonblueさんの、「モンシロチョウ初見日調査」で、古里の住所を見つけ、懐かしくなって この 貴Blogを訪問させて頂きました。
讃岐富士・五剣山・・・懐かしい!
へえー! 讃岐富士にケスハマソウ! 
初めて聞く山野草の名前です(^^;) 
山野草・自然に のめり込んでおられますね!
緑の自然に包まれるのは 心地良いですよねv(^^)♪ 
古里の香りを聞きに、また 時々参りますので、
よろしく お願いします!m(_ _)m
P★!
Commented by hitori-shizuka at 2013-03-21 20:14
愉快な仙人さん
初めまして
>古里の住所を見つけ・・・
懐かしい住所を見て訪問してくださってありがとうございます。
我家は五剣山の麓にあるんですよ。
山野草が好きで週末には野山散策をしています。
花に集まる蝶や、花の少ない時季は鳥なども撮ったりしています。
同郷の仲間としてこちらもまたお邪魔させてくださいね。
Commented by ベルル at 2013-03-22 10:57 x
こんにちは。 
今の時期 いろんなブログで キンポウゲ科の花を見かけます。
そのなかでも ケスハマソウ は初めて! 漢字では毛洲浜草ってかくんですね。
花と蕾の微妙な色のニュアンスが とってもすてき!
ケスハマソウは 雪割草の一つだとか。 山で出会うと最高でしょうね。

Commented by 荻野 at 2013-03-22 21:10 x
こんばんは、
昨夜は寒く、今朝は、霜が降りてましたが、そちらは、どうでしたか? もう、桜も、満開ですか??
Commented by hitori-shizuka at 2013-03-22 22:41
愉快な仙人さん
私も中学生の頃までは友達と遊びでよく五の剣まで登っていましたよ。
いたずら盛りの私たちは逆回りして普段通らない山肌の崖っぷちを廻ってあわや落ちそうになった経験があります。(-。-;)
今はその場所も立ち入り禁止となっているようですが、やはりくぐり抜けて登っている人もいるようです。
Commented by hitori-shizuka at 2013-03-22 22:50
ベルルさん
香川では白色のケスハマソウしかないと思っていたのですが友人から飯野山にはピンク色もあると聞き連れて行ってもらって群生地を目の当たりにして感動しました。
急斜面の岩場や落ち葉の間から至るところに咲いている色違いの花姿は素敵でしたよ。
Commented by hitori-shizuka at 2013-03-22 22:57
荻野さん
今日はこちらは霜には気づきませんでした。
桜は亀鶴公園で一部の木が4~5輪割いたり蕾が色づいたりしていました。
標準木は栗林公園にあるのですがまだ開花宣言は出ていないようですね。
<< アワコバイモに出会えた ミモザ、サンシュユと自宅の花で... >>