野山・旅で出会った可憐な草花と趣味の自己流寄せ植え盆栽などを紹介しています。
by hitori-shizuka
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
山野草

寄せ植え

リンク
タグ
(354)
(154)
(94)
(93)
(72)
(27)
(20)
(10)
(9)
(6)
(4)
(1)
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
最新のコメント
ヒマワリすごく咲かせ素晴..
by ちごゆり嘉子 at 20:12
山田家でした。
by uke-en at 17:10
うどんタクシーは、時間制..
by uke-en at 17:07
広大なひまわり畑、素晴ら..
by アイアイ at 16:34
植替え用のミズゴケは何年..
by hitori-shizuka at 15:59
フウランも種類が多くそれ..
by mube at 10:24
ちごゆり嘉子さん フウ..
by hitori-shizuka at 19:58
uke-enさん 私が..
by hitori-shizuka at 19:51
何となく除きたくなりまし..
by ちごゆり嘉子 at 06:13
園芸も盆栽も流行がありま..
by uke-en at 07:57
検索
記事ランキング
ブログジャンル
初冬のツツジ、チャの花や赤い実ものと小鳥たち
 昨日は今年初めての初霜でした。
おかげで、陽射しのある窓際では暖かかったですね。
ちなみに初霜は昨年より2日遅かったそうです。

モチツツジ(ツツジ科)
 紅葉も終わりに近づいたこの時期ですが、季節を間違えた花が所々に咲いていますね。
ここではピンク色の優しいツツジが日だまりで顔を出していましたよ。
d0160788_1902598.jpg

チャ(ツバキ科)
 純白の花弁と黄色の雄しべが濃い緑の葉に映えていますね。
d0160788_19503784.jpg

 時折キイロスズメバチが吸蜜に来ていました。
吸蜜行動が乱暴で花姿を乱して飛び立ったりしていましたよ。
d0160788_19512343.jpg

クコ(ナス科)
 赤い実が陽に照らされ輝いていたので近寄って見ました。 
子供の頃はこのクコが健康にいいと言われ多くの人が畑に植えたりしていました。
今では、そんな姿は殆んど見られなくなりましたが、その代わり川原や野山で生えているのをよく見かけますね。
d0160788_18145693.jpg

ボタンヅル(キンポウゲ科)
 樹上に白い花が咲いているので何の花だろうと思いカメラを向けてみました。
遠目では花に見えたのですがボタンヅルの花跡でした。(^_^;)
d0160788_18161552.jpg

d0160788_18164252.jpg

アキグミ(グミ科)
 子供の頃は野山でこの赤い実を見つけるとすぐに口にしたりしていましたよ。
こちらの地方では「コメシャシャブ」と呼んでいました。
d0160788_18171188.jpg
d0160788_18174098.jpg

ジョウビタキ♀
 いつ見ても愛くるしい顔をしてますよね。
d0160788_18182864.jpg
d0160788_18551537.jpg

メジロ
 メジロも顔を出してくれました。
カップルでいましたが後方のメジロはボケてしまいました。
d0160788_18562084.jpg

カワラヒワ
 急に20羽位の集団が飛び立ち慌ててカメラを向けたのですが、最後尾の鳥達しか写りませんでした。
しかし、魚が泳いでいるように見え面白かったので載せましたよ。
d0160788_18582891.jpg

 この鳥が集団で飛び立ちました。
どうもカワラヒワのようですね。
d0160788_18593827.jpg


ご訪問ありがとうございます。
励みになるので下の「山野草ブログ」クリックして頂けたら嬉しいです。
にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村
by hitori-shizuka | 2012-11-29 07:12 | 山野草 | Comments(8)
Commented by アイアイ at 2012-11-29 17:34 x
変わりゆく季節の移ろいいいですね。
淋しくなってきた空気の中で咲き遅れた花たちの姿、
木の実の彩りがこころをホッとさせてくれますね。
小鳥の表情もかわいいですね。
Commented by hitori-shizuka at 2012-11-29 19:12
アイアイさん
この時季は草花は少ないですが、紅葉もあり野山の変化がまた楽しみの一つですよね。
木の葉が散れば小鳥たちの姿も見やすくなり、知らない鳥に出会えた時は得したような感じがしますよ。
ジョウビタキ♀も可愛でしょう。(^○^) 
Commented by uke-en at 2012-11-29 20:34 x
当地でもキイロスズメバチも残っていて、巣の適地を探しているか
のようにパトロールしています。オオスズメバチは毎日のように見
かけますが、時折りこのようにチャの枝込みに潜っていて、ドキッ
とすることがしばしばです。

野鳥の季節になりましたね。我が家でも、今季お初のシロハラが、
デッキ前で遊んでました。カメラを持って出たら、逃げられました。
Commented by 荻野 at 2012-11-29 21:32 x
こんばんは、
季節を間違えて咲く花も、見るほうには、嬉しいですね。
茶の木の白い花、アップすると、きれいですね、ところで、茶の木としては、花を咲かすのは、いいこと無いそうですね
クコは、こちらでは、殆ど、見なくなりました。
小鳥の目って、ほんと、綺麗ですね。いかにも、よく見える目って、感じですね。
Commented by hitori-shizuka at 2012-11-30 19:23
uke-enさん
我家の近くでもスズメバチに時たま出くわします。
最近では家内が井戸端会議中に集まった人の顔の前を飛び回られ怖かったと逃げ帰ってきましたよ。

こちらでは、ツグミやシロハラの姿はまだ見ていませんが、ジョウビタキやメジロの姿はよく見かけます。
12月に入ったら昨年見かけた場所にオシドリを探しに行きたいなと思っていますよ。
Commented by hitori-shizuka at 2012-11-30 19:38
荻野さん
この時季ツツジはひだまりで季節を間違えて咲いていることがありますね。
>茶の木・・花を咲かすのは、いいこと無い・・・
そうなんですか。実付きもいいので木は弱るのでしょね。
栽培しているクコは殆んど見かけなくなりましたが、自生しているのは川原や野山でよく見かけますね。

小鳥の目はカワラヒワのように怖く見えるのもありますがジョウビタキのように可愛いのもありますよね。
Commented by さな・花の庵 at 2012-12-03 18:10 x
こんばんは~

まだまだ花が見れているよぷですね。
うらやましいです。

私は鳥はさっぱりです。
Commented by hitori-shizuka at 2012-12-03 22:44
さなさん
こんばんは。

休みの度に近くの野山に出かけているのですが、この時季に咲いている花はこちらでもめっきり少なくなりました。
載せるのがなく、出会った鳥を撮ったりしています。
不思議なことに花を見れなかっ時ても、仕草の可愛い小鳥と出会えば「まぁーいいか。」と言う気持ちになりますよ。
<< 自宅のパフェオペディラムと小鳥 クサギ、ツルリンドウ、キツネサ... >>