野山・旅で出会った可憐な草花と趣味の自己流寄せ植え盆栽などを紹介しています。
by hitori-shizuka
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
山野草

寄せ植え

リンク
タグ
(343)
(144)
(92)
(91)
(67)
(27)
(19)
(10)
(9)
(6)
(4)
(1)
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
最新のコメント
ちごゆり嘉子さん いつ..
by hitori-shizuka at 22:10
来週の礼拝は 長尾教会な..
by ちごゆり嘉子 at 10:18
今朝も応援に来ました 晴..
by ちごゆり嘉子 at 07:53
mubeさん 昨年冬か..
by hitori-shizuka at 23:18
セリバオーレンが山で観ら..
by mube at 11:30
uke-enさん 暖地..
by hitori-shizuka at 22:27
アイアイさん セリバオ..
by hitori-shizuka at 22:19
ちごゆり嘉子さん アケ..
by hitori-shizuka at 22:14
サクランボでは珍しく暖地..
by uke-en at 21:17
セリバオーレン、可憐な花..
by アイアイ at 19:29
検索
記事ランキング
ブログジャンル
出雲大社とウラシマソウの不思議
 縁結びの神様として知られる出雲大社(島根県出雲市)に行ってきました。
60年に一度の大修理「平成の大遷宮」が進んでいましたよ。
幸い、本殿の屋根が完成し覆いが外されていて真新しい檜皮葺の屋根を見ることができてラッキーでしたね。
d0160788_201521.jpg

 出雲大社の本殿ではなく神楽殿です。
正面のしめ縄は4、5トンもあるそうです。
d0160788_20103452.jpg

 神楽殿の大しめ縄の下から国旗を仰ぎました。
NHKの放送終了時に映される国旗だそうです。
大きいなと思いましたが75畳もあると聞き驚きました。
d0160788_2031528.jpg


 週末はいつものように自宅と近くの里山で写真撮影をしました。

オグラセンノウ(ナデシコ科)
 鉢植えですが花数が昨年よりたくさん咲いてくれました。
園芸種のナデシコのようにも見えますね。
d0160788_2044480.jpg

カワラナデシコ(ナデシコ科)
 こちらのカワラナデシコの方が風情がありますね。
d0160788_2062099.jpg

ハンゲショウ(ドクダミ科)
 今年は葉が白くなったのが数本しかなく少しさみしい感じがしました。
d0160788_2065596.jpg

ウラシマソウ(サトイモ科)
 20年位前に親類から頂き鉢植えのままで毎年花をつけてくれていました。
今まで一度も実を付けたことがありませんでした。
この植物は雌雄異株とのことが分かり雄株と思っていました。
ところが、今年は花が咲き終わると早々に葉が枯れ落ち花殻の間から果実が見られてびっくりしましたよ。
調べてみると、この仲間は栄養状態により性転換をするとのことで、またまた驚きでしたよ。
最近は管理を怠り肥料も与えず水だけだったことから植物が危機感を感じて子孫を残すために実を付けたのでしょうね。
意外な発見が出来ましたよ。
d0160788_2073453.jpg

ヤマゴボウ ヨウシュヤマゴボウ(ヤマゴボウ科) アライグマさんに教えていただきました。
 花軸の優しい色合いが素敵で撮ってみました。
d0160788_2085126.jpg

ミヤコグサ(マメ科)
 春に見られた花なのにカラスノエンドウに似た果実をつけても秋まで花が咲くらしいですね。
d0160788_2010230.jpg

ジャノメチョウ
 小型のアゲハに近いくらいの大きさでした。
メスが大きいらしのでメスでしょうか。
この蝶は明るい草原に7頭くらい飛び回っていましたよ。
裏翅模様
d0160788_20102839.jpg

表翅模様
d0160788_2011240.jpg

ご訪問ありがとうございます。
励みになるので下の「山野草ブログ」クリックして頂けたら嬉しいです。
にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村
by hitori-shizuka | 2012-07-05 07:21 | 山野草 | Comments(10)
Commented by アライグマ at 2012-07-05 11:03 x
えーと、たぶんこの画像のヤマゴボウというのはヨウシュヤマゴボウだと思います。
ちなみに有毒です。
一般に食用として売られているものと名前のせいで混同して食し中毒を起こす例があります。
食用でヤマゴボウとされているのはアザミ科の植物の根を使っています。
(*_ _)人 合掌 食べちゃ駄目よ
Commented by uke-en at 2012-07-05 12:00 x
ジャノメチョウの上下は同一個体でしょうか?
上は、色黒だし、翅頂のトンガリ具合を見ても♂のように
見えます。
下は、おっしゃるように♀なのでしょうね。傷みも少なそう
だし、平開だし、図鑑にでも大きな顔をして使えそうな、
ウラヤマシイ写真です。なかなかこうはいきませんよ。
雌雄判別は容易なようにものの本には書かれていますが、
どの種でもはっきりした相違点がなければ、♂♀を並べる
と別ですが、実際上は難しいですね。
7頭が近くにいても、ちょっかいをかけるような様子もなく、
じっとしてたのでしょうか。
Commented by hitori-shizuka at 2012-07-05 20:13
アライグマさん
またまた教えて頂いてありがとうございました。
ヤマゴボウが別にあるとは知らなかったですね。
昔、生花の材料としてこのヨウシュヤマゴボウをヤマゴボウと聞いて活けていました。
茎が間延びして生けにくかった思い出があるのですが、それから数十年ずっとこのヨウシュヤマゴボウをヤマゴボウと思い込んでいました。
ヤマゴボウは軸色も違い花も上向きなのですね。
思い込んでいるのは調べるのを怠り失敗ばかりです。ヾ(_ _*)ハンセイ・・・
Commented by hitori-shizuka at 2012-07-05 20:39
uke-enさん
別個体ですよ。
比較するよりまず撮ろうと一生懸命ではっきりわかりませんが、裏翅はどれも濃いように見え、またどれも大きい蝶という印象でした。
雌雄の大きさの違いがどのくらいかよくわかりませんが見た目ではよく似てたように思いますよ。
仲間が近づくと止まっていた蝶も一緒に飛び立つなどしていましたが、
最後の蝶は後方から忍び足で近づき間近で撮れましたよ。
さらに手を伸ばしてみましたが、嫌われてしまいました。(^▽^;) 

Commented by 荻野 at 2012-07-05 20:50 x
こんばんは、出雲大社、いい時に、行かれましたね、私、1年前に、行った時は、まだ、覆いがされていて、殺風景でした。
ミヤコグサ、雑草として、あまり、気に留め無い花ですが、UPすると、鮮やかな黄色、キレイですね。
ヨウシユヤマゴボウ、何処にでもはえて、案外、嫌われ者のようですね。
Commented by hitori-shizuka at 2012-07-05 23:16
荻野さん
出雲大社の立ち寄りはは中学生の修学旅行で行ってから2度目でした。
なので、初めてみたいなものですよ。
神楽殿でお祓いをしてもらい、厳かな雰囲気を味わえました。

ヨウシュヤマゴボウはこちらの里山でも至るところにはえており、本当に嫌われ者ですよね。
でも、私は枝先を花瓶にさして楽しんだりもしていますよ。
しかし、使用後は庭に捨てれば大変ですので必ず可燃ごみとして処分しています。(^○^)
Commented by 荻野 at 2012-07-07 09:47 x
おはようございます。蝶は、1頭、2頭って数えるんですね、でも、私たちは、あまり、使った事ないですね、これ、英語読みから来たそうですが、かっての、欧化主義の影響でしょうか、また、標本にする時、頭が無ければダメだから、頭を数えたとか、面白いですね、いや、面白いと言うより、何か、可笑しい気もしますね。
1頭の、チョウチョウが、菜の花の上を、ヒラヒラ、飛んでますって、言うと、どこか、不思議でもあり、馴染めませんもの。ゴメンなさい、勝手な事言って。
Commented by hitori-shizuka at 2012-07-07 20:45
荻野さん
こんばんは。
蝶の数え方ですが、私もブログを始めるまでは「匹」で数えていましたよ。
「頭」は大きい動物のような感じがするので孫と話しているときはやはり「匹」で数えていますよ。
ブログをして色々なことを学べますよね。
まだまだ知らないことが多くてこれからも意外なことを覚えるでしょうね。
これもまた、楽しみですね。
Commented by さな・花の庵 at 2012-07-08 20:13 x
こんばんは。

出雲大社、若い頃行ったことがあります。
このしめ縄の前で記念写真とってます。
あのころは、可愛かったのに(爆笑)
Commented by hitori-shizuka at 2012-07-08 21:51
さなさん
こんばんは。
中学生の時行きましたが、私も大しめ縄の前で記念写真を撮ったことを覚えています。
若い頃のことはよく覚えていますが最近のことは右から左の状態で忘れることばかりですが・・・・(^_^;)
カメラ持参で期待していたのですが、草花には全然出会えなくてちょっと残念でしたよ。
<< オトギリソウ、シコクママコナ、... 自宅周辺の花や蝶 >>