野山・旅で出会った可憐な草花と趣味の自己流寄せ植え盆栽などを紹介しています。
by hitori-shizuka
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
山野草

寄せ植え

リンク
タグ
(351)
(154)
(94)
(92)
(71)
(27)
(20)
(10)
(9)
(6)
(4)
(1)
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
最新のコメント
盆栽に仕立てられ くちな..
by ちごゆり嘉子 at 06:43
お早うございます。 盆..
by アイアイ at 10:44
こんにちは、ご無沙汰ばか..
by 荻野 at 18:01
ニワウメは、徒長したよう..
by uke-en at 08:23
アイアイさん 盆栽をす..
by hitori-shizuka at 21:24
mubeさん 貰ったネ..
by hitori-shizuka at 21:23
uke-enさん ドク..
by hitori-shizuka at 21:08
ウメモドキ、はっきり見た..
by アイアイ at 20:38
ねむの葉、見事にたたんで..
by mube at 20:15
ドクダミなんてと思います..
by uke-en at 16:12
検索
記事ランキング
ブログジャンル
我が家の草花も花盛り
 昨日は竜王山に出かけてきました。
太陽の下では暑くて半袖になりたいくらいでしたよ。
水筒に冷たい水を準備していて助かりました。
色々と山野草にも出会いましたが、我家の草花から先に載せますね。

ヒョウタンボク(スイカズラ科)
 鉢植えで数年前から育てていますが、茎に虫が入り生育が思わしくありません。
しかし、花色だけは鮮やかで目立っています。
d0160788_205431100.jpg

ケマンソウ(ケシ科)
 別名タイツリソウです。
垂れ下がった花が鯛ににていることでタイツリソウと言う名前が付いたらしいですね。
お茶花としても使われているそうですが我家では玄関先で紅白のタイツリソウが楽しませてくれていますよ。
d0160788_20552486.jpg
d0160788_20555359.jpg

イチリンソウ・八重(キンポウゲ科)
 我家で2年目の花を咲かせてくれました。
白い可愛い花で少し大人しそうな感じがしますね。
一重は持っていませんが一重の方がより清楚な感じがするのでしょうか・・・
d0160788_2105478.jpg

フウリンオダマキ(キンポウゲ科)
 園芸店で見つけた時「可愛い!」と思いました。
この花はオダマキと同様下向きに咲き、花色も優しい色合いで私は特に気に入っています。
種を巻くのを忘れ気付いた時には花の季節になってしまい、また鉢植えを買う始末です。
けれども小さな花瓶に挿したりしていますが、とても可愛くて見とれて眺めたりすることもありますよ。
d0160788_20562337.jpg

d0160788_221473.jpg

ブルーベリー(ツツジ科)
 ドウダンツツジの花にも似たつぼ型の白い花が可愛いですよね。
今年は沢山の花が付いたので収穫も期待できるでしょうか?
ただ、種類の違うブルーベリーの木が枯れたので一株だけでは収穫は無理でしょうか・・・
お隣さんにもあるので近くに置くと少々の収穫があるでしょうか・・・ずうずうしいかな(^^;
d0160788_20565935.jpg

オオデマリ(スイカズラ科)
 載せようか迷っているうちに咲いてしまいました。
d0160788_20573860.jpg

d0160788_21174746.jpg

ネコノメソウ(ユキノシタ科)
 写真でしか見たことが無かったのが道の駅に並べて有りました。
そこで、何時も持ち歩いているコンデジでパチリと撮らせてもらいましたよ。(^○^)
d0160788_20581762.jpg
d0160788_20585091.jpg


ご訪問ありがとうございます。
励みになるので下の「山野草ブログ」クリックして頂けたら嬉しいです。
にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村
by hitori-shizuka | 2012-04-29 08:56 | 山野草 | Comments(8)
Commented by 荻野 at 2012-04-29 20:54 x
こんばんは、きようは、とても暑かったですね、田植えの準備で、大忙しです。
ヒョウタンボク、ステキな色、キレイですね、この花木、よく根元に、虫が入りますね。我が家も、虫のため、去年は、春に咲かず、秋に、少し咲きました。
色んな花を植えておられるのですね、春は、楽しいですね。
Commented by hitori-shizuka at 2012-04-30 18:26
荻野さん
こんばんは。
田植えの準備で大忙しそうですね。
田んぼも有り広い花壇もあれば一年中休む間が有りませんね。
我家は非農家なので忙しくもないのですが、自宅裏の小さな畑の草抜きだけでも結構疲れますよ。

ヒョウタンボクは実の形も面白いのですが、今回は花数が少ないので実付きが悪いかもしれませんね。
Commented by さな・花の庵 at 2012-04-30 19:24 x
こんばんは~

風薫る5月になりますね。
鮮やかなヒョウタンボクの色ですねぇ

そうだ、タイツリソウはどうなっているかなと・・・
我が家の花壇を思いました。
Commented by 荻野 at 2012-04-30 21:42 x
こんばんは、また、午後から、雨になりました。
すみません、hitori-shizukaさんの、ケマンソウが、きれかったので、今日、私も、ケマンソウ、アップしてみました。
ゴメンなさいね。
Commented by hitori-shizuka at 2012-05-01 20:00
さなさん
こんばんは。
今年はヒョウタンボクの色がいつもより濃く鮮やかだったように思います。
でも主軸に虫が入り枯れたので花数が少なかったんですよ。

この時季は野山にもいろんな花が見られ楽しくなりましたね。
さなさん宅の花壇は花盛りでしょうね。
Commented by hitori-shizuka at 2012-05-01 20:04
荻野さん
こんばんは。
同じ時季に花が咲くので私も他の方と一緒になることはたびたびありますよ。
ケマンソウ また見せてもらいますね。
Commented by uke-en at 2012-05-02 18:17 x
バタバタと強い風雨で更新もパトロールも遅れ気味でしたが、当地
では明日も雨のようなので、少々ウンザリしています。

今回はどの写真も渋めで好みです。
オオデマリまだ黄緑色のままですが、もうすぐ咲きそうです。ブルー
ベリーは蕾が大きくなっています。時季ですねぇ。
よそから虫が翔んで来てくれれば、少しは収穫も期待できるのでは
ないでしょうか。^O^
Commented by hitori-shizuka at 2012-05-02 19:57
uke-enさん
こちらも今日は一日中雨模様でした。
連休前半は草抜きと近くの山の散策で終わってしまいました。

山野草は園芸種と比べてやはり渋めが多いですね。
私も渋め好みですよ。
オオデマリやブルーベリーもこちらはもう終わりに近づいています。
ブルーベリーはここ最近クマバチが毎日せっせと吸蜜しているので少しは収穫が期待できますかね。(^▽^;) 
<< 竜王山に春の花を求めて 優しそうなオドリコソウとケマン... >>