野山・旅で出会った可憐な草花と趣味の自己流寄せ植え盆栽などを紹介しています。
by hitori-shizuka
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
山野草

寄せ植え

リンク
タグ
(358)
(156)
(95)
(94)
(72)
(27)
(20)
(11)
(9)
(7)
(4)
(1)
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
最新のコメント
こんばんは。今日もお願い..
by ちごゆり嘉子 at 21:58
ちごゆり嘉子さん スイ..
by hitori-shizuka at 20:58
アイアイさん ゲンノシ..
by hitori-shizuka at 20:51
uke-enさん ギボ..
by hitori-shizuka at 20:42
スイレンボクは知らないで..
by ちごゆり嘉子 at 21:09
ゲンノショウコをはじめ、..
by アイアイ at 19:18
ギボウシはすべて地植えで..
by uke-en at 09:37
ちごゆり嘉子さん キリ..
by hitori-shizuka at 22:53
アイアイさん ボタンヅ..
by hitori-shizuka at 22:51
ヤブキリは初めて知りまし..
by ちごゆり嘉子 at 06:57
検索
記事ランキング
ブログジャンル
里山で出会ったアマナ・ジロボウエンゴサク・ヒメオドリコソウ・ユキワリイチゲ等
 3月末に高松の街中にある里山に出かけました。

アマナ(ユリ科)
 昔、岩マツが一面に生えていた場所を思い出して行ってみました。
ところが、盗られたのか一面に有った岩マツの姿はほとんどなくなっていましたよ。
残念に思い付近を歩いているとなんと雑木林の枯葉の絨毯の間から可愛い白い花のアマナに出会えました。
岩マツに変わりアマナが群生していましたよ。
d0160788_18455813.jpg

d0160788_18453132.jpg
d0160788_20105968.jpg
d0160788_18512664.jpg

タチツボスミレ(スミレ科)
 里山に登る途中の所々に薄紫のタチツボスミレが姿を見せて心も和み登りの疲れも癒されましたよ。
d0160788_1903653.jpg

ジロボウエンゴサク(ケシ科)
 谷沿いの道筋を歩いていたらカメラを提げた同じような趣味を持った中年男性に出会いました。
「イチゲは終わったようですね。」と初めて会った人ですが、お互いに声を掛け合える出会いもいいですよね。
その後、足元に優しい色合いのジロボウエンゴサクが数カ所にわたり咲いているのに気付きました。
少し時期が早かったのでしょうか。
蕾の方が多く少し残念でしたが優しそうな魅力的な花姿でしたよ。
d0160788_18525874.jpg
d0160788_18532813.jpg

d0160788_1947391.jpg

ヒメオドリコソウ(シソ科)
 下山途中に西方の五色台が見えなくなるような勢いで雨雲が見られにわか雨に降られました。
あわてて下山した途端雨が止みました。(^^ゞ
しかし、帰り道で見かけたヒメオドリコソウが日に照らされて綺麗だったですよ。
d0160788_18574531.jpg
d0160788_1857052.jpg

d0160788_18581573.jpg

ユキワリイチゲ(キンポウゲ科)
 ユキワリイチゲにも谷間で見かけましたが、時間が午後4時過ぎだったのと雨が降ったことで花弁を閉じかけていたのが残念でしたね。
しかし、この場所のユキワリイチゲは以前見た白色ではなく薄紫色を帯びていましたね。
d0160788_18552168.jpg


ご訪問ありがとうございます。
励みになるので下の「山野草ブログ」クリックして頂けたら嬉しいです。
にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村
by hitori-shizuka | 2012-04-04 07:48 | 山野草 | Comments(10)
Commented by uke-en at 2012-04-04 20:31 x
岩マツってどんなマツなんだろうと、木とか樹木で検索してみました
が、イワヒバのことだったのですね。我が家でも、放任栽培中?で
す。ろくろく手入れもしないですから汚らしくて、あんなものを盗む人
がいるの?というのが感想です。(^^ゞ

ヒメオドリコソウも畑でたくさん栽培中?ですが、そろそろ蕾が開き
始めています。銅色の葉、ピンクの花の取り合わせは、案外好きで
すが、大きな声では言えません。^^;
この群生した写真は、特にステキですね。
Commented by hitori-shizuka at 2012-04-04 22:25
uke-enさん
カナで書かず「岩マツ」と書いたので、なお分かりづらかったのでは。
こちらではイワマツと呼んでいます。
uke-enさんが泊まったホテルの南側に連なっている里山の南西付近の尾根沿い付近に10~15センチ位のイワマツが群生していたんですよ。(販売目的で大量に盗んでいた者は捕まったと聞いていたけど無くなっていたのには驚きでした。)
イワマツは成長が遅い植物らしく、今は岩の間でまばらにしか確認できませんでしたが代わりにアマナが沢山咲いていましたよ。

ヒメオドリコソウはこの山の西面を南北に流れる川沿いの道筋で出会ったのですが、にわか雨の後だったので綺麗に感じましたよ。
草取りをしている人からすれば大迷惑の雑草ですからね。(^○^)
イチゲやエンゴサクもホテル近くの谷筋でみつけましたよ。

子供が小学生の頃、この谷筋にオニユリが咲くころ、クロアゲハもよく見られていましたよ。
こちらに泊まられた時は是非、探チョウ(鳥)をと言いたいのですが古すぎますよね。(^▽^;)
Commented by さな・花の庵 at 2012-04-05 06:45 x
おはようございます。

ヒメオドリコソウも群生をはじめ、いよいよ春盛りに入りそうですね。
アマナやジロボウさんも登場ですね。

私も山に入り始めています。
Commented by 荻野 at 2012-04-05 08:33 x
おはようございます。アマナとても美味しそう、ヒメオドリコソウ、如何にも踊ってるよう、色んな山野草に恵まれた、いいところなんですね。
私、我が家の花壇や、温室の花ばかりで、そとで、撮った事が無いのですが、散策しながら、写真撮るのは、楽しいでしょうね。
Commented by アライグマ at 2012-04-05 10:40 x
今日は(*^.^*)
アマナは環境が合わないと、なかなか花がつかないのでチャンと花があるのを見ると嬉しいですね。
タチツボスミレとニオイタチツボスミレの区別がσ(^^;)には未だにつきませんがこの一番濃い色の奴はニオイタチツボ風ですね。
ヘ(‥ヘ ) 以前ニオイタチツボだと思って写真を撮ったら、ただのタチツボだよと言われて・・・・・
Commented by シシィ at 2012-04-05 11:06 x
エンゴサクがきれいですね!
(写真もきれいです。。。^^)
タチツボスミレ、
以前住んでいた場所で、住宅街に残った林の中から
1株もらってきたら、たくさん増えたんです。
でも、引っ越して庭に植えたらあんまり増えず…
同じ関東地方内での引っ越しでも、
環境が合わなかったのか~
強いと思いきや、案外繊細なスミレちゃんでした。
Commented by hitori-shizuka at 2012-04-05 18:46
さなさん
こんばんは。

アマナもユキワリイチゲも遠くの山でしか出会えないものと思っていました。
最近山野草の好きな人が集まっているカフェで咲いている山が近くにあると聞き登ってみました。
運動も兼ねまた出会えたことで疲れも吹き飛んでしまいましたよ。
高い山は体力不足ですが低い山だったらこれからも登ってみたいですね。
Commented by hitori-shizuka at 2012-04-05 18:55
荻野さん
こんばんは。
アマナは食べられるのですね。
しかし、可愛い花なので食べる気にはなりませんね。
我家は花壇が狭いので花の種類も少なく写真になりません。
荻野さん宅のようにいろんな花が沢山咲いていれば楽しいでしょうね。

この時季に山を散策していると独特の春の香りがしますし、ゆっくりと歩いていると意外な発見もあり楽しいですよ。
Commented by hitori-shizuka at 2012-04-05 19:08
アライグマさん
こんばんは。
環境によりアマナの花は咲きにくいのですね。
私も今まで葉は見かけたことがあるのですが、自生の花が咲いているのを見たのを見たのは今回が初めてです。

スミレは種類が多くて昨日や今日見始めた私には詳細はさっぱりです。
今回はタチツボスミレの仲間であることは間違いないと思いましたが・・・。
見つけた場所は登りの途中で香りまで嗅ぐ余裕はありませんでしたよ。 (^▽^;)
スミレも好きな花なので特徴をもっと勉強してみたいものですね。
Commented by hitori-shizuka at 2012-04-05 19:32
シシィさん
こんばんは。
同じケシ科のキケマンと花姿はよく似ていますが、エンゴサクは葉姿や花色が優しい感じがしますね。

スミレの花は山とか道端でもよく見られますよね。
基本的には強いと思いますが、やはりどんな花でも環境に左右されるんでしょうね。
私もスミレの可憐な感じが好きでミニ盆栽にしたりしますが、枯らすこともたびたびですよ。
<< クロモジ・ウグイスカグラ・ナガ... 甫喜ヶ峰の3月の花木 >>