野山・旅で出会った可憐な草花と趣味の自己流寄せ植え盆栽などを紹介しています。
by hitori-shizuka
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
山野草

寄せ植え

リンク
タグ
(355)
(154)
(94)
(94)
(72)
(27)
(20)
(11)
(9)
(7)
(4)
(1)
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
最新のコメント
阿波踊りが始まったのです..
by アイアイ at 22:13
湿原には、いろいろな蝶が..
by アイアイ at 22:05
ちごゆり嘉子さん 黒沢..
by hitori-shizuka at 21:30
uke-enさん ジャ..
by hitori-shizuka at 21:15
黒沢湿原 事故の前に行っ..
by ちごゆり嘉子 at 07:34
蝶がきれいにでしたね・・..
by ちごゆり嘉子 at 07:29
ジャノメチョウの場合翅裏..
by uke-en at 13:19
アイアイさん こちらで..
by hitori-shizuka at 22:00
サギソウは、本当に飛んで..
by アイアイ at 11:21
uke-enさん 黒沢..
by hitori-shizuka at 20:44
検索
記事ランキング
ブログジャンル
心を和ませてくれる花たち
10日ほどブログを休んでいました。
普通はお腹に卵を産みますが私は背中に卵を産んでしまいました。
お前は鳥かって?(^_^;)
幸い悪いものではなかったのですが、摘出のため少しの間休養することが出来ました。
病院で8日間もいたので身体がウズウズして退院帰りに早速、山野草を見に出かけました。
(カメラを持参するように家内に頼んでいました (^○^) )
しかし、山野草にも鳥にも出会えなかったのですが県の園芸センターに立寄りウメの花などを見て心が和みましたよ。
ウメの花は満開のもありましたが全体的には2~3分咲でしたね。

d0160788_1905157.jpg


本来のウメの花っていう感じですね。
d0160788_1943488.jpg

八朔
サクラの花色みたいでしょう。
d0160788_19435680.jpg

八重寒紅
華やかでウキウキするような感じがしますよね。
d0160788_1948627.jpg

都錦
上品な色合いでしたよ。
d0160788_19502149.jpg

マンサク(マンサク科)
花の一部に光があたり鮮やかな黄色が印象的でした。
d0160788_19545089.jpg

ローズマリー(シソ科)
気分をリフレッシュしたり料理に使われ重宝する花ですね。
d0160788_19565385.jpg
d0160788_19573620.jpg


温室も覗いてみました。
温室の中は他にも色とりどりの花がいっぱい咲いていました。


ミッキーマウスの木(オクナ科)
 以前ミッキーマウスの木の実 を撮ったことがありますが、此処で黄色の鮮やかな花を見つけました。
実も面白いですが、花も魅力がありますね。
d0160788_18531181.jpg

フクシア(アカバナ科)
フクシアもいろんな種類があるんですね。
d0160788_1853564.jpg
d0160788_1854239.jpg


ご訪問ありがとうございます。
励みになるので下の「山野草ブログ」クリックして頂けたら嬉しいです。
にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村
by hitori-shizuka | 2012-03-08 07:05 | 山野草 | Comments(8)
Commented by uke-en at 2012-03-08 08:10 x
軽くて何よりですが、8日間も入院されると足腰も結構弱っている
のではないでしょうか。よっしゃ!と思われて急に無理されないよ
う、徐々に足を延ばしてくださいね。
遠くの山に行かなくても、ご覧になれるのがチョウですよ。(^^ゞ
ただ、この時季は、走り回らないとなかなか写真になりませんが。

しかし、退院早々の写真とは思えませんね。奥様も呆れておられ
るのではと拝察します。この間ご心配されたことと存じますので、
これまで以上に大事にされることが・・・(自己反省!)^^;
Commented by hitori-shizuka at 2012-03-08 20:00
uke-enさん
軽い病気だったので手術の翌日からは6階の病室から1階まで一日1回は階段を上り下りしていましたよ。
辛かったのは常日頃は遅く寝るのに午後9時消灯でしたね。
しかし、退院直後には早くから寝る癖が付いて家内が驚いていましたよ。(^^;)

退院草々出かけてみたのですが、こちらではチョウの姿はまだ見つけることが出来ませんでした。







Commented by 荻野 at 2012-03-10 09:17 x
おはようございます。エッ!8日間も入院されたのですか、大変でしたね。悪性でなくて、なによりでしたね、そのあと、充分気を付けて下さい。
梅の花は、やはり、早春の花ですね、気持ちが弾んで来ますね。
ミッキーマウスの木、キレイですね、我が家のは、まだ咲いてませんが、この木、困る程、どんどん、増えますね。
Commented by hitori-shizuka at 2012-03-10 09:35
荻野さん
おはようごいざいます。
身体はたいしたことが無かったので骨休みと思って休養しましたよ。
翌日からはいつものように仕事に出かけました。

ミッキーマウスの木が家にあるんですね。
私は一昨年変わった羽付きの羽根のような実を見て面白いなあと思い名前も初めて知りました。
荻野さん宅には本当にいろんな花や木があるのですね。
我家の近くではこの木を見たことが無いので珍しい木だと思っていました。
どんどん増える強い木と知って驚きましたよ。
Commented by さな・花の庵 at 2012-03-11 19:31 x
こんばんは。

あらぁ~更新がない、もしかしてインフルかと思っていましたが、入院でしたか。
お大事になさいませ。

うきうきとカメラ片手にがよくわかりますが。
Commented by hitori-shizuka at 2012-03-11 20:39
さなさん
こんばんは。

たいした病気ではなかったのですが、抜糸までいたので充分骨休みになりました。
しかし、外出が出来ず元気なためウズウズしていましたよ。

退院したその足でドライブがてら山野草を捜しに行ったのですが、残念ながら見つかりませんでした。
でも、外の空気は格別でしたね。
Commented by ベルル at 2012-03-14 19:42 x
こんにちは! 
入院とは たいへんでしたね。 どうぞお大事に!

「ミッキーマウスの木」 は 初めてです。 オクナ科 も 初耳・・・。
黄色い花や ユニークな実、会ってみたいです。
Commented by hitori-shizuka at 2012-03-14 20:55
ベルルさん
こんばんは。
身体は大したことが無かったので退院してからはいつものように元気で過ごしています。

最初にミキーマウスの木の実を見た時は赤と黒のミッキーマウスの顔みたいで、また羽子板の羽根のようにも見えました。
花も鮮やかな黄色できれいでしたよ。

以前私が撮った実の写真にリンクしてみました。
また見て下さいね。
<< 芽吹きのヒメヤシャブシとヒサカ... 春を告げるイヌノフグリ、ヒメウ... >>