野山・旅で出会った可憐な草花と趣味の自己流寄せ植え盆栽などを紹介しています。
by hitori-shizuka
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
山野草

寄せ植え

リンク
タグ
(354)
(154)
(94)
(93)
(72)
(27)
(20)
(10)
(9)
(6)
(4)
(1)
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
最新のコメント
ヒマワリすごく咲かせ素晴..
by ちごゆり嘉子 at 20:12
山田家でした。
by uke-en at 17:10
うどんタクシーは、時間制..
by uke-en at 17:07
広大なひまわり畑、素晴ら..
by アイアイ at 16:34
植替え用のミズゴケは何年..
by hitori-shizuka at 15:59
フウランも種類が多くそれ..
by mube at 10:24
ちごゆり嘉子さん フウ..
by hitori-shizuka at 19:58
uke-enさん 私が..
by hitori-shizuka at 19:51
何となく除きたくなりまし..
by ちごゆり嘉子 at 06:13
園芸も盆栽も流行がありま..
by uke-en at 07:57
検索
記事ランキング
ブログジャンル
伊吹山で見かけた7月の花たち
 7月16日に伊吹山に山野草を見に行ってきました。
初めて行きましたが中腹位からオカトラノオ、ショウマ、ギボウシ、キリンソウ、ホタルブクロの姿が見られ山頂に近い駐車場からはヤマアジサイ、イブキトラノオ、シモツケ、アカソ、フウロ、ウツボグサなど沢山の花が見られ綺麗でした。
クガイソウ、サラシナショウマ、シモツケソウ、ユリなどがまだ蕾だったのが少し残念でした。
この蕾の花たちも咲きそろえば本当に素敵なお花畑になりますね。

d0160788_21469.jpg

クガイソウ(ゴマノハグサ科)
 まだ蕾状態が多いなか、所々に鮮やかな紫色をしたクガイソウが見られました。
d0160788_2161953.jpg

カノコソウ(オミナエシ科)
 この花は花の盛りが少し過ぎた感じでしたが、まだ所々で薄ピンク色の花を咲かせていました。
d0160788_20281110.jpg

フウロ3種
イブキフウロ(フウロソウ科)
 花弁の先が3裂したものがイブキフウロと知りました。
花数がまだ少なかったのですが薄ピンク色の花が健気に見えとても可愛かったですね。
d0160788_20291216.jpg

グンナイフウロ(フウロソウ科) 
 写真ではうまく色が出ませんでしたが薄紫色の花でした。
葉が毛深かったですね。
d0160788_20293967.jpg

ハクサンフウロ グンナイフウロ(フウロソウ科) 
 この花も薄ピンク色が可愛かったですね。
d0160788_22181487.jpg


キンバイソウ(キンポウゲ科)
 キンポウゲ科特有の艶のある黄色の鮮やかな花を天に向かって咲かせていました。
d0160788_20315785.jpg

シシウド(セリ科)
 草原の中で白いカンザシのような塊を放射線状に広げてひと際目立っていましたね。
d0160788_20335371.jpg


ご訪問ありがとうございます。
励みになるので下の「山野草ブログ」クリックして頂けたら嬉しいです。
にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村
by hitori-shizuka | 2011-07-21 08:24 | 山野草 | Comments(8)
Commented by 雲の上 at 2011-07-21 08:52 x
伊吹山へ行かれたのですね!
出掛けてみたい場所ですが、計画が立ちそうにありません。
また見せて下さいね。
Commented by さな・花の庵 at 2011-07-21 18:15 x
こんばんは。

伊吹へ行かれたのですね。
私は毎年のように行ってますが、8月1日に行こうかと思っています。

キツリフネの種、今日の夕方郵送しました。
あっという間に落ちてしまうので採取が難しいでした(笑)
すぐに蒔かれたらいいと思います。
Commented by hitori-shizuka at 2011-07-21 20:16
雲の上さん
私も初めて伊吹山へ行きましたが、何度も行ってみたい所でしたよ。
今回はバスツアーで行ったので時間が制約されましたが、次は自分でゆっくり見てみたいなあと思いましたね。
雲の上さんも気にいる場所だと思いますので是非行って下さいね。


Commented by hitori-shizuka at 2011-07-21 20:28
さなさん
キツリフネの種を送って頂いたそうで有難うございました。
お手数をおかけしましたが頑張って育ててみます。

伊吹山は以前から行きたいと思っていた場所でしたが今回初めて行くことが出来ました。
行った時、もう少し日が遅かった方が良かったかなあと感じました。
8月1日だったらいっそう素敵な花畑になっているでしょうね。
また、これからも行ってみたい所ですね。

Commented by アライグマ at 2011-07-21 23:23 x
伊吹山ドライブウェイが台風6号で2箇所ほどやられたようですね。
危ない危ない (´o`)ハア~~

ハクサンフウロ?
となっているのは多分グンナイフウロのオシベが落ちた状態だと思います。
ハクサンフウロは図鑑を見ると確認できると思いますけど花弁が細く花弁同士が重なりません。
というか花弁と花弁の間に隙間がある。

ところでキツリフネの種は閉鎖花でもいっぱい出ますから外から軽く握ってやると弾けて種が取れます。黒くなっているのが普通ですが緑でも放っとけば追熟して黒くなります。
発芽率は結構高いように思いますが気をつけないとドンドン増えます。
植え替えにも結構耐えて新芽が変な所で出ても直ぐに移してやると結構元気に成長します。
(^o^;)
Commented by hitori-shizuka at 2011-07-22 22:00
アライグマさん
伊吹山 台風で大変らしいですね。
行った数日後だったので少し驚きました。

フウロの種類はバスツアーの説明で聞いたのですが、その時印象に残ったのはイブキフウロの花弁の姿のみで他2点の特徴は頭に残っていなくて後で調べましたが判りにくくて?としました。いつも有難うございます。

キツリフネは以前アライグマさんのブログでプランターで育てているのを見ていましたので、私も同じようにプランターで育ててみようと思っていますが無精者の私のことなのでせっかく頂いた種を水枯れで失敗しないかが心配です。(^▽^;)

Commented by アライグマ at 2011-07-23 00:15 x
キツリフネは新芽のうちは植え替えに結構丈夫かも知れませんが水枯れは結構響くかもしれません。
ただ夕方は休眠なのか葉が力なく垂れます。
また水枯れすると葉が垂れますが水をやると直ぐ復活します。
(^o^;) 現金な奴です。
2年目以降は飛び散った種子がアチコチで発芽しますが邪魔な奴は植え替えてしまえば何事もなかったように復活します。
肥料をやると自然界ではありえないような頑強なキツリフネとなります。
(* ̄(エ) ̄*) お前は何者だーーーって感じ
Commented by hitori-shizuka at 2011-07-23 20:16
アライグマさん
湿地が好きな植物なので水枯れには特に注意が必要みたいですね。
肥料をやると「お前は何者だーーーって感じ」になるらしいですが、花数が多くなるのであればちょっと興味もありますね。(o^∇^o)ノ
しかし、やはり自然に近い状態のものが可憐な花になるでしょうね。

キツリフネ 上手に育つかまた失敗に終わるか少し心配ですが、また楽しんで育ててみたいと思います。

<< 7月の伊吹山の花 第2報 黒沢湿原で見つけた花 >>