野山・旅で出会った可憐な草花と趣味の自己流寄せ植え盆栽などを紹介しています。
by hitori-shizuka
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
山野草

寄せ植え

リンク
タグ
(351)
(154)
(94)
(92)
(71)
(27)
(20)
(10)
(9)
(6)
(4)
(1)
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
最新のコメント
盆栽に仕立てられ くちな..
by ちごゆり嘉子 at 06:43
お早うございます。 盆..
by アイアイ at 10:44
こんにちは、ご無沙汰ばか..
by 荻野 at 18:01
ニワウメは、徒長したよう..
by uke-en at 08:23
アイアイさん 盆栽をす..
by hitori-shizuka at 21:24
mubeさん 貰ったネ..
by hitori-shizuka at 21:23
uke-enさん ドク..
by hitori-shizuka at 21:08
ウメモドキ、はっきり見た..
by アイアイ at 20:38
ねむの葉、見事にたたんで..
by mube at 20:15
ドクダミなんてと思います..
by uke-en at 16:12
検索
記事ランキング
ブログジャンル
アセビ、トキワハゼ等の春の花と蝶
昔はアレルギーなんてなかったのですが最近はクシャミが止らなかったり涙目になったり、体質が変わってしまったのでしょうか。
この時季の野山散策ではマスクが必要なこともありますよ。

アセビ(ツツジ科)
 雨上がり、ご近所の庭のアセビの白い花が満開でひと際輝いて見えました。
d0160788_1950441.jpg

トキワハゼ(ゴマノハグサ科)
 草丈10cm位の薄ピンク色の花を田んぼの縁で咲かせていました。
ややもすれば見落としそうな小さな花ですね。
d0160788_19515593.jpg

ハコベ(ナデシコ科)
 昔、ニワトリや小鳥のすり餌としてよく使っていました。
こんなに可愛い花だとは、その当時は思いもしませんでした。
小さくてもナデシコの仲間の花は可愛いですね。
d0160788_19522847.jpg

ノミノフスマ(ナデシコ科)
 ブログを始めるまでハコベもノミノフスマも一緒のように思っていました。
よく観察すると、ハコベは葉や茎に細かい毛が生えていますがこの花には毛がなく全体に草姿が優しそうに感じましたよ。
d0160788_19525578.jpg

カラスノエンドウ(マメ科)
 子供のころは、コロコロとよく実に入ったマメを探して中の実を取り出してさやの3分の1を切り落とし、尖った方を口にくわえて笛みたいに鳴らして遊んでいた思い出がありますよ。
d0160788_19532420.jpg

ルリタテハ?
 光線の加減でブルー色の部分が白く写っていますが、羽模様からルリタテハでないかと思われます。
野山散策中の道すがら2頭見かけたうちの1頭です。
d0160788_19535444.jpg
d0160788_19541471.jpg


ご訪問ありがとうございます。
励みになるので下の「山野草ブログ」クリックして頂けたら嬉しいです。
にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村
by hitori-shizuka | 2011-03-23 07:14 | 山野草 | Comments(6)
Commented by ポポ at 2011-03-23 19:35 x
こんばんは

ノミノフスマ初めて知りました。かわいいですね。
カラスノエンドウ、もう咲いているのですね。
私の家の周りはまだ葉だけです。
Commented by hitori-shizuka at 2011-03-23 20:48
ポポさん
こんばんは。

私もブログを始めるまでは漠然と見ていたので、ハコベとノミノフスマは一緒だと思っていました。
よく観察するとハコベは少しゴツゴツした感じの葉と毛が見られますが、ノミノフスマの方は花や茎とも優しそうな感じがしますね。
カラスノエンドウはこちらも咲き始めたばかりのものですよ。




Commented by uke-en at 2011-03-23 21:27 x
>最近はクシャミが止らなかったり涙目になったり、体質が変わ
>ってしまったのでしょうか。
間違いなく花粉症です。抗原を検査してもらい、その時季だけマ
スクなど対策をすると、症状が軽ければ何とかなりますよ。
そう言う私は、検査もせず、ヒノキ、ブタクサ、イネ、本の整理
の時季、必ずマスクをしています。掃除機をしつこくかけること
も大切です。(v^ー゜)
リタイア後は、症状が格段に軽くなっていますが、ストレスがな
くなったから、枯れてきたから・・・( ̄◆ ̄;)

おめでとうございます。間違いなくルリタテハです。
瑠璃色が淡いようですが、実物もそんな感じでしたか。とする
と、かなり苦労した越冬蝶でしょうね。
Commented by hitori-shizuka at 2011-03-23 22:13
uke-enさん
いろいろ身体の事を気を使って頂いてありがとうございます。
若いころは病気知らずだったのですが、年齢のせいで体質が変わったのでしょうね。
花粉症は軽いのですが、ほこりにも敏感になり季節の変わり目は特にクシャミを連発ですよ。
クシャミも相当疲れるので、マスクも面倒がらずにかけないとダメですね。

ルリタテハは初めて見たので瑠璃色がどの程度か判りませんが、写真そのものの色合いでした。
感じとして名前のイメージとは少し違っていたので?をつけました。

Commented by 雲の上 at 2011-03-24 08:56 x
お早うございます!
お心遣いを戴きまして有難うございます、少しずつ回復に向かっているようです。

トキワハゼの花も咲き始めたのですね、素敵に撮影をされて居られ花を見るとホット致します。昨日短時間に自宅周辺をチェックしましたがカラスノエンドウは未だ蕾も確認できませんでした。
これから、次々と花が咲き始め・・・楽しみです、またルリタテハチョウも撮影をされたのですね。
日光浴をしていたのでしょうね・・・
有難うございました。
Commented by hitori-shizuka at 2011-03-24 19:57
雲の上さん
こんばんは。
一日も早く体調が回復され鳥や植物の写真を楽しみにしています。

瀬戸内の海の近くで少し暖かい土地柄で、カラスノエンドウやトキワハゼが咲くのが早いのでしょうね。

ルリタテハは初めて見たチョウで撮った時はタテハチョウの仲間だという事しか判りませんでした。
アスファルト上で何度か羽を広げたり閉じたりしてましたよ。
<< 小さな小さな春の草花と小鳥 春の日差しを待ちわびて >>