野山・旅で出会った可憐な草花と趣味の自己流寄せ植え盆栽などを紹介しています。
by hitori-shizuka
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
山野草

寄せ植え

リンク
タグ
(343)
(145)
(92)
(91)
(68)
(27)
(19)
(10)
(9)
(6)
(4)
(1)
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
最新のコメント
ちごゆり嘉子さん いつ..
by hitori-shizuka at 22:10
来週の礼拝は 長尾教会な..
by ちごゆり嘉子 at 10:18
今朝も応援に来ました 晴..
by ちごゆり嘉子 at 07:53
mubeさん 昨年冬か..
by hitori-shizuka at 23:18
セリバオーレンが山で観ら..
by mube at 11:30
uke-enさん 暖地..
by hitori-shizuka at 22:27
アイアイさん セリバオ..
by hitori-shizuka at 22:19
ちごゆり嘉子さん アケ..
by hitori-shizuka at 22:14
サクランボでは珍しく暖地..
by uke-en at 21:17
セリバオーレン、可憐な花..
by アイアイ at 19:29
検索
記事ランキング
ブログジャンル
夏花と冬花が共演
 小豆島銚子渓のお猿の国で、焼かれたほくほくの焼芋でお猿さんが喜んだ新聞記事が出ていました。
猿の親子が人と同じようなうずくまる姿で焚き火にあたっている写真も載っていましたがなんとも微笑ましい感じがしましたね。
私たちも子供の頃、もみ殻で焼いた熱い芋を両手に交互に持ちかえたりして喜んで食べた記憶がよみがえりましたよ。


クサフジ(マメ科)
 通常は春から秋にかけて咲く花ですが、この寒い季節にもかかわらず職場近くの荒れ地でかたまって元気に咲いていましたよ。
このクサフジは多年草で葉の先端は巻き髭になって、他の植物に巻き付き青紫の花をつけます。
花がフジに似ているのでこの名前がついたそうです。
d0160788_20274969.jpg

クチナシ(アカネ科)
 一重の花も清楚で甘い香りを漂わせて楽しませてくれますが果実も花色と対照的な赤色に染まり魅力がありますね。
知っての通り果実は料理や染料などにも使われていますね。
d0160788_20283424.jpg

アスパラガス(ユリ科)
 枯葉色になった畦で北風にあおられながらも緑の枝を残して枝先の所々に可愛いらしい赤い実をつけていましたよ。
d0160788_20281824.jpg

ロウバイ(ロウバイ科)
 自宅のロウバイはまだ蕾ですが公園の道筋で咲いてました。
そこでは昨年咲いた花の種が3~4個入った袋(偽果)を沢山付けた枝も、見られました。
d0160788_2030695.jpg
d0160788_20305696.jpg


ご訪問ありがとうございます。
励みになるので下の「山野草ブログ」「季節の花ブログ」クリックして頂けたら嬉しいです。
にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村
にほんブログ村 <br />
花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村
by hitori-shizuka | 2011-01-14 07:19 | 山野草 | Comments(2)
Commented by uke-en at 2011-01-14 11:52 x
クチナシの実の色は、色付いてしまっていなくて、グラデーションがキレイですね。
我が家には一重もあったはずですが、花がないとどこだったか覚えていません。^^;

ロウバイは蕾固しです。
昨年は2月のかかりにちらほら、満開は中頃でした。
トサミズキ、サンシュユなどで庭が黄色くなるのが待ち遠しい、今日この頃です。
Commented by hitori-shizuka at 2011-01-15 11:31
雪のないこちらでも冬場の花を探して里山を歩きますが、数は限られて載せる材料に事欠いています。
おかげで花跡の種や殻の意外な魅力に気付きましたよ。

鉢植え土佐ミズキは水枯れさせてこの春芽が出ないかも、我が家に無いサンシュウや土佐ミズキの花を待っていますよ。
<< 花と鳥 雪の少ない瀬戸内の野山の花 >>